暑が夏い!


アツがナツい・・・じゃない。
暑さでアタマが溶けて、そう言ってしまいそうな陽気ですが、
私自身は今の時期が大好きです。
暑くない夏なんか、夏じゃないですよね♪

私はジムでも夏にエアコンが効いているのは好きではなく、
絵を描く時もエアコンはつけません。
中年のオヤジなので、ホントはエアコン大好きなのですが、
昼間っから冷房に浸っていると体調が悪くなりそうなので、
エアコンは夕方になってから。

寝る時、今の熱帯夜でエアコンなしではさすがに堪えますからね。

不思議なもので運動する時よりも、
大きな絵を描く時の方が大汗をかきます。
(もちろん程度によりますが)。

普段、私は個展などで出品する作品は下絵なしに、
いきなりキャンバスに攻撃を仕掛けるのですが、
(その方が何が出来るかわからない面白さがあるので)
依頼を受けた作品については、時間をかけて下描きを作ります。

今、描いている横長の風景画5幅は、先日ようやく下絵がアップしました。
早速、絵具を塗ると、すぐに汗がポタポタと滴り落ちて暑いけど気持ちが良い。
暑い中、パンツ一丁で行う肉体労働ですが、
はじめたら出来上がるのはきっと早いです。

写真はその一部。
見てもまだ何だかわからないですよね。
だから公開しました。

暑が夏い!” への8件のコメント

  1. 大きい!
    アツがナツいなんて、うちの夫が言った、「シャンツとパツ(シャツとパンツ)がない」と言ったみたいです(笑)

    ところで作品、庄内平野でしょうか。「アチャール君」の本の大きさと比較してほんと大きいですね。
    くれぐれも熱中症にはお気をつけて。屋内も危険ですので。
    完成楽しみにしています。

  2. わけぎ
    「頭」を「脳みそ」で表現する人がいますが、これってなんだか気持ち悪いです。「暑さで脳みそが・・・」、みたいな。おえっ。

    「わけぎ」が「わきが」。なかなか言えないですよ。

    絵はどんな風に仕上がるんでしょうね。

  3. Unknown
    在宅時、どんなに暑くてもエアコンは夕方から…

    という流儀というか風習は私の実家にもあった。

    つうことは、これは細川家の習慣だったんだろうか。

    ということを、煮えそうな頭で考えてみました

    夫は不満のようですが。

  4. 塩梅が
    いっちゃん、おはようございます!

    作品は仰せの通り庄内です。
    大きい絵ですが、店内に飾るとそう大きくは感じません。
    肝心なのは作品のクオリティですね。
    モダンな室内なので、あまりギトギトに描き込んでも格好悪いですし、だからといって手は抜けません。
    塩梅が難しいかな。

  5. ドストエフスキーを
    お頭さん、おはようございます!

    私の友人に、すべて作品を読破していながら、ドストエフスキーをドエトフフスキーと呼ぶ男がいます。
    あ・・・でも、字にするとあまり変わりませんな。

  6. NO-MISO
    naotさん、おはようございます!

    脳みそも「のうみそ」にすると、気持ちわるさも緩和されますな。「のう味噌」では、さらに食品感覚・・・てなわけないか。
    おえっ。

    絵はどうなるんでしょ。
    私もまだわかりません。

  7. リモコン権は誰のもの?
    かなこさん、おはようございます!

    在宅時、どんなに暑くてもエアコンは夕方から、
    という風習は細川家のものではありませんね。

    なぜなら辛抱のない明治の女だった、
    われらが祖母は、まだエアコンが普及しない時代に、
    いち早く「クーラー」を購入し、
    昼間からガンガンに効かせていました。
    うちの母もエアコン好きで、昼間からガンガンです。

    けっこう昼間、エアコンかけない家、多いですよ。
    私は勤めてる時、まだクールビスの時代ではなく、1日エアコンにどっぷり浸かっているのに辟易してまして、
    自営業となった今、エアコンのリモコン権をほしいままにしてるというわけです。
    あ、夜は私にリモコン権はありません(汗)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>