箱根・星の王子さまミュージアム


昨日と一昨日、箱根にある、港区の保養施設「みなと荘」に、母と弟を連れて行きました。
(あ、違った。私と弟が、”母に連れられて行った”です)。
港区は裕福なんですな(住民は必ずしもそうではありませんが)。
温泉といい、食事といい、設備といい、言うことなしの素晴らしい宿泊施設です。

1泊朝食夕食付き、赤坂の区民センターから箱根大平台にある、
みなと荘までの循環バスを入れて、1万円ちょっとというコストパフォーマンスの良さから、
いつも予約でいっぱい。
この日も、キャンセル待ちで母が押えていた日が取れたので、
急遽、息子たちが呼び出されたというわけです。

このブログの読者には港区在住や、職場が港区にあるという方が多いと思います。
せっかく税金を払っているのですから、ぜひ利用してみては如何でしょう。
(使用するのには、登録が必要ですが利用案内はこちらから)。

小学校時代を港区で過ごした人は、みな箱根ニコニコ学園を覚えていると思います。
まだあの施設はあるようで、私たちが子供の時分よりだいぶ立派になったそうであります。
しかし、箱根に避暑に来ていたのはすでに過去の話で、箱根も暑い!
夜は涼しかったはずなのに、今や箱根の外気も蒸してきて
エアコンなしで寝るのは辛い感じになっています。

さて、箱根は雨後のタケノコのように美術館、博物館のオンパレード。
館内は涼しいからという、母のツルの一声でミュージアム三昧をいたしました。

地方のミュージアムは当たり外れがあるのですが、
イチオシは星の王子さまミュージアムでした。
まったく期待してないで行ったのですが、これは意外に素晴らしかった。
写真の通り、外装を見るとテーマパーク風の外装をしているのですが、
中を見ると、パイロットだったテグジュペリの生涯にスポットを当てていて
かなりハードな内容でした。

前にも書きましたが、フランス出身のアーチストは故国に何かあると、
真っ先に参戦する人が多いですが、
「星の王子さま」も、そうした体験が作品のスパイスになっています。
残酷さや皮肉、諧謔、悲しみが、あの美しいストーリーと単純な線によって
ベールのように覆われているということでしょうか。

子供の頃、読んで「何て退屈なんだろう」と思った本ですが、40歳で読み直して感動した一冊です。
特にわがままなバラがいいですね。
サン・テグジュペリの奥さんをモデルにしてるそうで、
バラのわがままに愛想がついた王子が、星を逃げ出してさまざまな星を旅するわけですが、
地球にたくさんのバラがあるのを見て、
ほんとに大切なバラはひとつしかないとわかるエピソードです。
なにやら、ちょっとフェリーニの「道」を思わせるお話ですね。
「道」の方が後ですが、何か関係あるのでしょうかね。

ミュージアムショップで、うちのバラへのおみやげに、
王子さまのタオルハンカチを購入いたしました。
高いものではありませんが、バラは喜んでくれました。

箱根・星の王子さまミュージアム” への4件のコメント

  1. あるんですね~。
    素晴らしい!「みなと荘」は立派な施設ですね。私も勤めが港区なので利用できる!バスも出ているとは・・・。

    「星の王子さまミュージアム」も素敵なところですね。

  2. 私も
    港区在勤ですので、ぜひ利用してみたいと思います。

  3. 星の王子さまミュージアム
    naotさん、おはようございます!

    ここの施設は使う価値あり!です。
    ただし8月はすべて埋ってます。

    登録してぜひご利用ください。

    「星の王子さまミュージアム」、ほんとに真面目に作ってますよ。
    私は今また読み直していますが、色々納得しています。

  4. クオリティよし
    あ@花さん、おはようございます!

    そうですね~、あ@花さんも港区在勤ですね。
    食事もこの値段では驚くべきクオリティです。

    ぜひ登録してご利用くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>