熱海の一夜~家に戻ればそれぞれ事情・・・


土日は熱海で一泊。
はじめて泊りで中学時代のクラス会をやろうという企画です。

赤坂小学校時代は1学年1クラス、赤坂中学校でも1学年3クラスという、
当時から少人数の編成でしたから、わりあい皆仲が良い。
またマメに幹事を引き受けてくれる人がいるため、クラス会も頻繁に行われます。

クラス会は社会で成功した人が多く集まるなんて言いますが、
赤小、赤中のクラス会というのは、特にそういうわけでもありません。
(まあ、ホントに困っていたら熱海で一泊もできませんが)。

赤坂という土地柄がそうなのか、
それとも頻繁にあってるから今さらミエ張っても仕方ないのか、
素のままだった中学生時代に戻るのか。

悩める歯科医、衛生士。
(同級生には、なぜか歯科関連の人が多いのです)。
30年近く公務員として勤めたのち、中途退職を願い出た人。
夫がリストラに遭い、家庭内離婚中の働く主婦。
健康食品の店を起こし、孤軍奮闘するシングルマザー。
会社が消滅寸前の危機にさらされた某大手航空会社の人。
不況にあえぐエカキ。

食事を終えて部屋で酒盛り、宴もたけなわ。
やがて女性陣が入浴に行ってしばらくすると、
なぜか男性ふたりが襟をつかんでの大口論をはじめます。
仲裁に入ったやつも反対に怒り出して、口論はいよいよヒートアップ。
(半分私は寝ていたのですが、あとで聞いたら
 話す価値もない、あまりに下らない原因だったので、ここでは非公開といたします)。
男って、女性がいなくなると荒れるんだよね。
歳関係なくさ。

それも女性陣が戻る気配と同時に、ハッと我に帰りすぐに仲直り。
野郎同士、イタリア人もびっくりするくらい熱~い抱擁を交わしました。
あー、男とは何と愚かで浅ましい生き物であることよ。
女性たちは、それ見て喜んでましたけど、世の中・・・男と女がいるわけだよね。
(みんな良い歳をして煩悩のカタマリですな)。

うーん。
みんな明るく元気に飲んでいたけど、きっと家に戻ればそれぞれ事情があるんだろうね。
それでも誰もグチも泣き言も言わなかったのが、いちばんのミエなのかもしれません。

宿は駅からすぐの志ほみや旅館という旅館。
建物が古く煤けているけど、それを補おうと従業員の感じはすこぶる良し。
料理は普通に美味しいという感じかな。

熱海の一夜~家に戻ればそれぞれ事情・・・” への2件のコメント

  1. 見たかったな~
    つかみ合いの真っ最中を!(^^)!
    本音で言いたいこと言い合える仲間いることは本当にありがたいです。

    泣き言は言わないのが一番のミエ。
    確かに(*^。^*)
    きっとみんなもそうやって
    必死に持ちこたえているはずだから
    私も頑張らなきゃ・・・って思えます。

    ありがと~みんな~(#^.^#)

    PS.写真ありがとうございました!!
    すごく良く撮れてて
    思い出になりますm(__)m

  2. アゴ肉のダイエット
    ぴょんさん、こんにちは!

    あー、あんなもの見ても仕方ありません。いい歳をして、しかも有る程度、社会的地位だってあるオヤジたちが、「てめ~、このヤロー」でしょ。まあ、ラテン系のケンカみたいに、大声は出すけど手はださないので、まだマシではありますがね。

    まあ、泣き言を言わずに口論で発散してるんだから、まだマシというべきか・・・だったら泣き言から先に言えよって。まあ、みんなそれぞれの人生、それなりに大変なんだろうなって思った次第です。

    私はとりあえず、アゴ肉の周辺をダイエットして、いびきを何とかすることからはじめます。睡眠時無呼吸の影響か、昨日は眠くって仕方ありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>