まっこと母とは有難きもの


昨日は実家に行って、母のゴキゲン伺い。
術後の経過は順調で、さすがにくしゃみや咳をすると痛いようですが、
食欲もお通じも元通りに近づいているようです。
普段なら、掃除をしたり書を書いていたりと、まめまめしく動いてる母ですが、
この時はお弟子さんに借りた韓流ドラマを、まったりと眺めていました。
そう。まだ安静が一番だよね。

”ゲゲゲの女房”で水木しげるの母を演じる竹下景子が、
「40近くになって、嫁も来ないようではお先まっくら」と息子を叱咤して、
やぶれた靴下を見て大騒ぎするさまなどを見ると、まさに母とはあのような・・・。

そういえば私の母も手術の前に、見舞いに行った私の服装を見て
「あんた、なにそのヨレヨレのセーター」「仕事はきちんとしているの?」と叱咤激励。
人のことより手術前なんだから
自分の心配をすればいいのに、まさに母とはこのような・・・。

20代から頭髪の薄かった、高校時代の私の親友。
高校の時、家に遊びに行ったら食事をご馳走になり、メニューをみれば海草の山。
「海草がいっぱいですね」と、彼のお母さんに言ったら
「この子のお父さんはね、20代でもうお坊さんみたいだったでしょ。
 だから今から海草をいっぱい食べさせてるのよ」
そのおかげか、その彼の異名は”土俵際の徳俵”。
薄いながらも、残された彼の頭髪は土俵ぎわで驚異の粘りを見せております。
いやあ、まっこと母とは有難きものにございますなあ。

写真はイタリアの魚介のスープ、ブロデットです。

まっこと母とは有難きもの” への7件のコメント

  1. Unknown
    朝から笑わせてもらいますねえ。

    そういえば昔、北○○君の髪が薄くなった似顔絵
    描いてくれたことがありましたねえ。
    あんまり上手くて爆笑させてもらいましたが。

  2. まっこと…
    ありがたいですね。
    我が姑様、 孫が一人暮らしをはじめる時 「あんたのお父さん(私の夫)はね中学卒業してすぐに寮に入って…」と 号泣してました。お義母さん 貴方の息子さんは戦場に行ったわけではありません。望んだ学校へ入学したのです…。そして今、 目の前の嫁と孫の隣にいます…。
    まっこと 親とは… かわいらしい と思った出来事でした。

  3. 何度も言いましたが
    わが母は私が身体が弱いといつも心配しています。2ショット写真送るかどうか迷い中。いい年して何やってんだと思われそう。

  4. スイッチが 入って
    寝む気がこない。土俵ぎわで 脅威の粘りをみせる頭とは…。寝る前に時間差で、入ってはいけない部屋に入ってしまった(笑) クククク…

  5. 北○○くんですが・・・
    ゆきさん、おはようございましす。

    おほめいただき恐縮です。
    北○○くんの顔は描きやすい顔なんですよね。

    ところで、ご存知なかったかもしれませんが、実は北○○くん、一昨年の夏に世を去りました。
    原因は木村拓哉・巨人軍コーチと同じくも膜下でした。
    教員をしていた彼ですが、夏休みが終わって新学期になっても学校に来ないので、校長先生が「彼が来ないのは何かある」と、北○○くんのアパートに遣いを送ったところ、亡くなっているのがわかったのです。

    そろそろ同い年くらいで亡くなる人も出てくる年齢。
    お互い、体には気をつけましょうね。

  6. 母の小言
    いっちゃん。おはようございます。

    いっちゃんも母親ですから、きっと気持ちがわかると思います。私は怒られやすかったのか、子供の頃は毎日のように母に小言を言われ続けました。
    という話を家内にしたところ、人の顔をぢっと眺め、
    「私も、その気持ちがよくわかる」だと。

    母のより始末がわるいのは、家内もいろいろ小言を言うのですが、私がうるさいなあと思っていると、「今、うるさいなあと思ってるでしょ」と言い当てるのです。
    な、な、なんでわかったんだ!?

  7. にこにこすると思います
    あ@花さん、おはようございます。

    親って、子供の小さい時期を全人格のように覚えていたりするんですよね~。

    きせの写真はどうすべきか・・・。
    でもあの年代の人にとって、おすもうはよりステータスだから、好きな関取を贔屓にしてるみたいだから送ってあげては如何でしょう。
    にこにこして喜んでくれると思いますよ。
    一言、余計なことは言うだろうと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>