浅田真央の「仮面舞踏会」


さきほど終わったショートプログラム、浅田選手の演技は素晴らしかったです。
おじさんはいい年をして、ものすごく緊張してしまいました。
キム・ヨナ選手がトップについたものの、良い位置についてまあよかった

重苦しいハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」ですが、
それにかえって鳥肌が立つような感動を覚えました。
これならフリーのラフマニノフ「鐘」にも期待できそうです。

それにしても、あとから演技をしたキム・ヨナ選手の精神力はすごい。
これはなかかな手強いかな~。
私の友人に言わせると、キム・ヨナは色っぽいし、
たぶん・・・西洋人の審判から見るとキム・ヨナのすべてが美しく見えるのでは・とのこと。

時代は変わったというか、
見てると演技もそうだけど、真央ちゃんとキム・ヨナ・・・
プロポーションが西洋人の選手に比べてもダントツに良いんですね。
特にキム・ヨナの柔らかさは筆舌に尽くしがたい。

欧米の選手はパワーがあるんだけど、
ギュンギュン、グイグイ、ドスドスして大味な感じ。
あちらの料理と同じだな。
スピードスケートなら、そっちの方が良いんだろうけどね。
明後日のフリーが楽しみです。

ところで、ルールもロクにわからないくせに生意気ですが、
女子カーリングの中継にひとこと。
選手のやりとりが視聴者に丸聞こえっていうのは如何なものでしょう。
視聴者サービスだと言って、決行したみたいだけど、これは敵に手の内を教えているに等しい。
それが今回の1次敗退の理由ではないと思いますが、今後のことを考えれば、
データを相手に献上してるわけですから、
こんなことしていたら、したたかな欧米や中国には永遠に勝てません。

写真は烏龍茶専用の水筒。
網の中に茶さじ2杯の烏龍茶を入れ、100度の熱湯を注ぐだけ。
ペットボトルのものよりはるかに美味しく、最近はジムや火曜会での必携品です。

浅田真央の「仮面舞踏会」” への9件のコメント

  1. 情報戦略と戦術無いなあ
    こんにちわ。
    カーリングの囁き、は現場では聞こえていない、ということですが、
    日本で生中継を聞いて居て、ケータイ国際電話で会場の相手方に伝えることは、
    間接的でも何でも、できますね、今時は。
    やはりまぢいな。
    あっ、そこまで我が方は脅威じゃなのかな。

    フィギュアスケートの採点、
    カナダには韓国人がたくさん居ますから、
    ってのは、考え過ぎですね。
    失礼しました。

    欧米人女性のマッチョさは、御意です。

    それでもなんでも、MAOちゃん、頑張れー。

    ところで、と或る店で、
    高橋君のDVD?と、「道」のDVDが、
    並んで売られていました。
    オモロイヤンケー。
    またまた、失敬しました。

  2. 真央ちゃん、がんばれ~!
    先の大戦では、日本軍の暗号が連合軍に筒抜けだったそうで、
    真珠湾攻撃なんか、まんまと相手の挑発にハマった形になった典型のようです。
    おかげで宣戦布告をしたはずが、時差の関係か、相手の奸計か、
    奇襲攻撃に仕立てられたのですから、いけませんや。
    アメリカは暗号なんか解読しなくても、戦争には勝てたでしょうが、
    なにごとも勝負に手心加えたらいけませんし、
    何より、相手に手の内さらすなんて論外です。

    カーリングも、選手の声を中継しようとするまいと、
    勝てなかったでしょうけど、
    それと今回のことは別問題です。
    コトが起きなかったら、いいだろうなんて話になりません。

    ところで、フィギュアスケートですが、
    カナダに韓国人が多くても少なくても、
    結果はそんなに変わらなかったでしょうね。
    やっぱりキム・ヨナの方が上手かったと思いました。
    私は真央ちゃんの演技の方が、胸を打つものがあったと思いますが。

    ともあれ真央ちゃん、がんばれ~!

  3. Unknown
    こんにちは。
    わたしもフィギュアスケートsp女子のこと
    書いてみましたのでtb送らせていただいてよろしいでしょうか。

  4. バンクーバー五輪・フィギュアスケート女子SP・衣装

    遅いお昼ごはんを頂こうとしたらフィギュアスケート女子のショートプログラムが始まっていました。ライブなので食事もそこそこ、目が離せません。選手の演技とともに衣装にも目がくぎ付け。モーツアルトの〔レクイエム〕で滑った安藤美姫選手。胸にスパンコールの銀の大き…

  5. プラモデル
    大艦巨砲主義を掲げたのに航空戦を挑んで、珊瑚湾と
    ミッドウェーで壊滅的な打撃を受けたんでしたよね。

    日本軍の暗号を解読したアメリカは真珠湾に
    空母を一隻を置かなかったんでしたっけ。

    坂井三郎さんという零戦の撃墜王の自伝を小学校の時に
    読んだことがあります。

    曲芸飛行が見たい、というアメリカ軍の要望に応えて、
    南太平洋のどこかの米軍基地に飛来して、
    キリモミ飛行とかをしたところ、絶賛されて、
    しかも戦友だからという理由で撃ち落とさなかった、
    という話を読みました。

    小学生のころの私は、日本の軍艦を組み立てては、
    最後に液体セメダインをかけて火をつけて
    炎上させていました。

    軍国少年でございました。

  6. レスが遅れて失礼いたしました
    すずめさん、大江戸さん
    ここのところ忙しく、レスが遅れて失礼いたしました。

    すずめさんの記事は的確ですね。さすがという感じです。
    トラックバック、いつでもご自由に。大歓迎です。
    今日のブログにアップしますけど、
    女子フィギュアの東京新聞に音楽とファッションについて書かれてました。
    ご参考まで。

    大江戸さん。
    3月10日は東京大空襲のあった日だそうですね。
    私はサラリーマン時代、12月8日はジョン・レノンの命日ですねと、
    昭和ヒトケタの社長(当時・今は故人)に言ったところ、
    目を丸くして驚かれたことがあります。
    もちろん真珠湾攻撃の日だったからです。
    それが、だんだんびっくりする側になってきましたわ。

  7. ニイタカヤマニボレ1208
    東京大空襲がなかったら、私はこの世にいなかったかも。

    なぜなら、少年兵として志願していた父の家が燃え、
    「家の片付けをしてこい」と上官に言われ、出征せずに済んだとか。

    兵に取られていたら「回天」に乗っていたはず。

    高校の歴史で近・現代史が必修になるとか。
    遅きに失した感があります。
    戦後教育、あれはいったい何だったのでしょうか。

  8. 戦後教育
    お父さまは立派な方だったのですね。
    何年か前に、私は知覧の特攻記念館へ行ったことがありますが、
    涙なくして見ることはできませんでした。
    今の日本はこうして自らの命を捧げた、先人たちの骨の上に成り立っているのを忘れてはいけません。

    おっと、ブログの本文から遠いとこに来てしまった。
    いずれその話はゆっくりと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>