外国人参政権をどう思いますか?


昨日の国会では鳩山総理が朝三暮四の意味を質問され、
朝令暮改と間違えて恥をかいた・・・との記事がありました。
しかし学校の先生が書いた黒板の誤字を、鬼の首をとったように喜ぶ子供じゃあるまいし・・・
麻生さんの時もそうでしたが、別の意味で”やれやれ、またか”という感じです。
質問した茂木議員は東大からハーバードに進んだエリートで、
減点法の試験をくぐり抜けてきた人ですから、
「ひとつダメならすべてダメ」という思考回路をお持ちなのかもしれませんが、
政治の中身と関係ない、この手のあら探しはやめていただきたいものです。

ただ、それとは別に鳩山総理の「外国人参政権は当然」との発言・・・
あれは一国のリーダーとして、はなはだ不適切だと思います。
単純に考えて、日本国籍を持たない人に、
なぜ国政を任せる参政権を与えないといけないのでしょう。
これこそは一連の「異常な平等意識」に通じるものに思えます。
(関係ありませんが、鳩山総理が揶揄される「金持ちのおぼっちゃんだから」というのは、
 逆に差別されていると、私は考えます)。
ツルネン・マルティ氏のように、
帰化して日本人になった人なら、選挙権はもちろん国政にかかわることもできますが、
外国人参政権は外国からの内政干渉を認めるに等しい。
こんな意見が出てくること自体、異常なことだし、
また一国の総理がそれを認めるなどというのは如何なものでしょう。

鳩山総理の祖父はフリーメーソンでしたから、
鳩山家に国境を越えた世界平和の思想があったのでしょう。
しかしながら、今のところ宇宙人の侵略もなく、
ウルトラ警備隊も必要としない現段階で、外国人参政権は時期尚早です。

鳩山さんはオランダの首相に「私は鯨肉は食べない」と言ったそうですが、
国益よりも世界平和を選ぶリーダーというは、如何なものでしょう。
大半の世界の国は、他国の利権を虎視眈々と狙ってますからね。
そのあたりを見極められられるシビアな人に、
どなたか総理の席を譲ってほしいのですが・・・。

画像は1月19日、繊研新聞さんに掲載された私の記事。
根津美術館を見たレポートとして、日本と中国の陶磁器について書きました。
ご笑覧いただければ幸いです。

外国人参政権をどう思いますか?” への6件のコメント

  1. 日本人には、「みんな、飛び込んでますよ」
    こんにちわ。
    何処か一国でもこれをやっている国があるのですかね?
    やってるとしたら、 or やってないのは、何故?

  2. あるにはあるようです
    お頭さん、明解なコメントありがとうございます。

    ホントにそんな国、あるのかと思いますよね~。
    ただ、ウィキによると皆無ではないようですが、
    特別な理由があるみたいですね。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/外国人参政権

    ウィキペディアは信頼できない面もありますが、
    これに関しては大丈夫とみてよさそうです。

  3. 買うわけです
    なんだか韓国ではこの権利、買うらしいですね、
    相当な高額で。
    日本円で億円レベル。
    アッシには買えません。
    然も、その上審査が厳しくてなかなか買えないらしい。
    それを日本では、まあ、無償で差し上げようとしている。
    ヘンですね。
    では帰化すればいいのですが、
    これも他国では厳しい審査が待っているのに、
    日本ははるかに簡単とのこと。
    もうこの国は店仕舞ですか。

  4. 買うわけですか
    なるほど、億円レベルを出せば
    国政に参加しても良いというわけですか。
    そしたら、財政状況が厳しいわが国も
    ただでホイホイ参政権をあげるわけにいきませんね。

    まあ、そういうレベルの話でもないんでしょうが、
    どちらにしても、お隣の国に外国人参政権があるから、
    わが国も同等にしようってことではありませんね。
    やっぱり、どこか甘いな。

  5. しつこくスミマセン
    本日の朝日新聞朝刊二面に因れば、
    外国人にこの地方参政(選挙)権を与えている国々は、
    スウェーデン、デンマーク、オランダ、フランス、
    ドイツ、英国、ニュージーランド、ロシア、
    カナダ、米国、韓国です。
    ニュージーランドは国政へも認めています。
    英国は両方に一部の者の参加を認めている。
    二重国籍も半数以上の国で認めている、ってナニ!!!
    被選挙権、即ち立候補はどの国も認めていません、
    ってトーゼンですね。
    そこは帰化すればOK、でも、各国その審査は厳しいが、
    日本は甘いんですね。

    然し、アッシの聞くところ、欧州各国では、
    害国人排斥運動はますます攻勢を強めているらしい。
    ぶっちゃけ、億円規模持参の移民はまず居ませんからね。
    宗教も重大なポイントですよ。
    オランダの窮状はかなりのものらしいです。
    富裕層は国を売って出て行ってるそうです。

    日本のメディアは何でこの現実を伝えんの?

    マスオさんの仰せのとおり、
    現政権はあまりにも軽過ぎますな。
    でも、代わりも居ません。

  6. いえいえ
    いや~、お頭さん。
    まともな日本人だったら、こだわるでしょう。
    今日の記事を見たら、どうも平野官房長官は
    外国人参政権・推進派みたいなんですね。
    なんかワケわからない人ですね。

    そもそもヨーロッパは、ベルギーみたいに小さな国で
    独立運動の話が出るくらい、お互い仲がわるい人たちです。
    移民がうまく行くはずがないんだけど、
    入ってくるのを止まられないから、
    どうにもなりませんね。
    まだ日本は水際で何とかなるんだから、
    簡単に参政権の話をするなよな。

    続きはまたブログでいたしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>