五輪落選に思うこと


五輪招致、知っての通りの結果でした。
私は「開催されたら、見に行ってもいいな」程度の思い入れだったせいか、
あの結果は比較的冷静に受け入れられました。
というか、「ああ、リオね」という程度。
ただね~、関係者の落胆の気持ちは痛いほどわかるんだよね~。

規模は比較にならないけど、
私の場合、著書や作品が売れなかった時は、同じようにズズンと落ち込みます。
相当の労力、時間、お金をかけて作り、ささやかな期待を込めて世に出した自分の作品。
ダメな時はイヤなものです。
でも本は出せば、出版社がリスク背負ってくれる。
だから初版分の印税や原稿料は入ってくるけど、
五輪のケースはお金が入らないどころか、借金になりますからね~。
(だから、あんまり感情移入すると辛くなるんで、
 そこそこ引いて見ていたという感じでしょうか)。

五輪ではないけど、同じ意味で政治家もタフでないとできない商売ですね。
それこそ、猿は木から落ちても猿だけど、議員さんが選挙に落ちたらただの人。
落ちたらゼロ、どころか借金になる恐ろしい世界です。
今日亡くなられた中川さんも、体のどこかが悪かったんだろうけど、
ストレスがすごかったんだろうね。
政治家のストレス、マイケル・ジャクソンのストレス、イチローのストレス。
一度くらい経験してみたいもんだけど、私なんかあっという間に死んでしまうかもしれません。

ところで、石原知事の敗戦の弁
「誰が見ても東京のプレゼンテーションが最高だった。
 目に見えない歴然とした政治的なものが絶対にある」と言ったの如何なものか。
当たり前じゃん、そんなこと。
アンタ、政治家のくせに何を言ってるんだよって感じかな。
IOC元会長のサマランチなんて、昔スペインはフランコ独裁時代に
スポーツ長官をやっていた人物ですからね。
目に見えない力学が跋扈してるのが当たり前の世界でしょう。
まあ、そんなこと石原知事がわからぬはずもなし。
よほど悔しかったんでしょうな。
お気持ちはよくわかりますが、それは言わぬが花だと思いました。

写真は中国は広州で見たハーゲンダッツの月餅。
残念ながらこれはサンプルで、実際は食べられませんでした。
日本でも発売してくれないかな。

五輪落選に思うこと” への1件のコメント

  1. 第9回赤坂チャレンジマラソン

    きのう10月3日【第9回赤坂チャレンジマレソン】が開催されました。毎年TBS「オールスター感謝祭」の【赤坂5丁目マラソン】とほぼ同じコースを一般参加ランナー達が走るのです。コースにTBSスタジオ内はないのと、一ッ木通り中ほどで折り返すのが違うところ。主…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>