安倍新総裁〜たかがカツカレー,されどカツカレー

表参道AOビルのマリナ・リナルディ、秋冬コレクションに合わせた作品展示
明日、9月28日(金)~30日(日)の3日間(11:00〜20:00)行います。

どーぞ、お越しを! 
ファルファッレのアンチ痛風野菜カレー、卵添え。
ショートパスタのファルファッレ(蝶々)と痛風カレー、それにまたまた生タマゴに醤油です。何だかわからない一皿でしたが、意外にイケました♪

本日は取るに足らぬ話ながら、見過ごせぬ話をいたしましょう。

昨日のTLはカツカレー、一色。
何かと思えば、自民党の新総裁、安倍晋三さんの昨日の昼飯が3500円のカツカレー。

それが庶民感覚がなくてけしからんとかいうニュースが流れたんだそうですな。

うーん。麻生さんのバー通いと同じ、取り上げるのもバカバカしい話ですが、ツイッター上は御飯時ということもあって、みなカツカレーに反応。

最初は「カツカレー 3500円」では、ネットにヒットしないので捏造ニュースかと思われていましたが、そのうちホテル・ニューオータニの特別メニューと判明。

明日のニューオータニは行列必至!

 確実に、カツカレーが食べたくなる!でもうちの近所のカツカレーにはキャベツがついてくる〜!

資生堂パーラーには10,000円カレーがあるという噂ですけど。

本当にありました!イセエビとアワビのカレーですって!!
http://blog.excite.co.jp/tokyocurry/3276808/

伊勢海老やアワビをカレーにすることないよね。

痛風にわるそう。

それでも一度食べてみたいな って思ってしまう私は俗人です。 あ、でも資生堂パーラーへは本当に一度行ってみたいです。

でも、カツカレーの旨い店って意外にないよね。だいたい衣が厚過ぎるとこが多いよね。CoCo壱○番屋のカツカレーなんか最悪だし。

カツカレーなんてそんな美味しいもんじゃないと思う。カツとカレーは別々のほうがいい。それにしても、安倍さん。もうお腹だいじょうなのね。

 安倍さんがカツカレーを食べた。注目すべきは値段ではない。総裁を辞した原因である炎症性腸疾患は肉がNGなのだ。油も揚げ物もNGなのだ。そして香辛料もNGなのだ。カツカレー食べられるまでに回復して良かったねと言ってあげるべきなのだ

 

そうそう、このニュースの収穫は安倍さんのおなかがカツカレー食べられるくらいに回復したことですよね!



間違えて牛乳を1本余計に買ったので、ジャガイモとタマネギを使ってビシソワーズを作りました。
ビシソワーズ、実は20世紀アメリカで生まれたスープ。NYリッツカールトン生まれだそうで、考えたのはそこのフランス人シェフらしいです。 

マスコミの意図とは裏腹に、TL内はカツカレー談義一色。

そもそも、なんで指導者が庶民感覚持ってなきゃいかんのか、そういう論調が理解できません。

そういうこと言う連中は、だいたい社民党とか共産党などサヨク系の人たちです。
庶民の感覚というのは、経済の最小単位「家族」に由来しますから、そういう感覚はある程度必要ですが、政治家はもっとマクロの目が必要。

大根1本の値段だけで政治経済がまわるわけでなし。

ツイッター上にもありましたが、一国の政党総裁が、昼飯にすき家の牛丼ばかり食べてる国でいいのかどうか。

指導者は国民を豊かにしてくれれば、それで良いのであって、3500円のカツカレーも食えない総裁では、先々国の将来が危ぶまれます。

・・・と、ここまで来たところで、新事実判明。

カツカレー、安部さんが個人的にレストランで食べたのかと思ったら、ホテルニューオータニで行われた自民党の決起集会の席上で食べたものなのね…。これで庶民感覚とかケチつけられたんじゃたまったもんじゃないよなぁww

どうやら総裁選に「勝つ」ゲンを担いで、決起集会のメニューをカツカレーにしたのが実際の話みたいですが、これを「庶民感覚がない」と非難するというのは、恐ろしい悪意ですな。

集会に出された食事までイチャモンをつけられるのですから、これから安倍新総裁には、どれだけ悪意のある報道が集まるかわかりません。

・・・ふと、ここまで書いて思ったのですが、マスコミのこの手口。

半島や大陸のお隣さんがやることに似ていませんか?

朝日新聞が捏造された南京大虐殺や、慰安婦問題を大きく取り上げたように、思考回路や行動があちらの中央政府の手口にすこぶる似ています。

メディアの中枢にあちらの因子が深く入り込んでいるのか、それともこちらの思い過ごしかわかりませんが、「強い日本を再生しよう」という新総裁の思いには賛同せざるを得ません。

それにしても「強い日本を再生しよう」というだけで、安倍氏を「極右」と呼ぶ異常な思考回路・・・これこそが今の日本からなくしていかなければいけない恐怖の因子に思われますが、みなさま如何お考えでしょう。

たかがカツカレーですが、されどカツカレー。

語るに落ちたと言いましょうか、この情報にメディアの思惑が見え隠れしていて、いっそう信用ならぬと懐疑心を深くしているこのごろです。

同じテーマでじゅん×じゅんさんのブログにも、カツカレーの記事が掲載されています。そちらもどうぞご参考になさってください。

安倍新総裁〜たかがカツカレー,されどカツカレー” への4件のコメント

  1. ツイッターから来ました。面白く、鋭い内容で感心しました。

  2. おはようございます。

    >語るに落ちたと言いましょうか、

    鋭いご慧眼からなるご明察、平身低頭にございます。

    そして、人とは一面ではないことも、と釈迦に説法。
    韓国からの攻(口)撃は新首相政党政権に成れば、
    またあちらも代替わりするのですから、
    沙汰止みに成るかも知れません。
    それはどうしてなんだろう?、
    と余人は獣身を養うに暇を取られ思い及び付きませんが...。

    更にまた、中共はこれまた違う人種と訳でありますから、
    新首相には丹田で踏ん張り続けていただきたいものです。

    幹事長候補者、これも予断を許さない一面が有るようです。

    以上の詳細は追々、アッシなどが語らずとも、
    これまた一枚岩ではないマスコミが、低俗誌も含めて、
    嗅ぎ付けて、垂れ込まれて、発信することでしょう???

    最初は誰でも清い心身で生まれますが、
    長い間には脛に傷が付きます、邪心も...。
    また、最高権力者は何かと叩かれて当然です。
    だからって今度は心臓が苦しい、なんて言わないで下さいね、
    アッシじゃないんだから。

  3. お頭さん、おはようございます!

    >これまた一枚岩ではないマスコミが、低俗誌も含めて、

    いや、いみじくも先ほど日刊スポーツの記事の話をレスを忘れてアップしたのですが、これは何だかわからない便乗安倍バッシングですね。

    これだけマスコミが攻撃するんですから、かえって信用できそうな気がしますが、何をやっても評価はされないと思います。

    ただ、病気を揶揄した議員がツイッターを閉めるなど、逆手にとった攻め方もあるようで・・・普段は病人や弱者につきたがるメディアがどんな態度をとるか(本性が出るに決まってますが)楽しみです。

    でも、今回はどんな病気でも死ぬ以外言い訳できないですね。

    がんばって、ほしいです。
    安倍さん。

  4. bewichedさん、こんにちは!

    ありがとうございます、またお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>