稀勢の里の負けっぷり


昨日はクライアントの友人と大相撲観戦に行きました。
もう何回目だろう。

その人は稀勢の里の大ファンなんだけど、昨日の相手は天敵・琴奨菊です(写真・手前左が稀勢の里、後右が琴奨菊)。
合口がわるく、今年は一方的下って負けるパターンを繰り返し、ほとんど勝ててません。
稀勢は朝青龍にニラまれてもビビらんのに、菊には苦手意識があるのか、
仕切り前からイマイチ元気がない。
はたして取り組みはというと、立ち合いから攻めまでは良かったものの、
またまた後に下って負けるという最悪のパターン。
大関候補と期待されてる人だけに、テレビじゃボロクソ言われてるだろうな。

負けたらクライアントさんが暴れるかなと思ってたんですが、意外に冷静で「またか」という表情。
情が移ってしまった私の方が「あ~あ!」と声を上げてしまいました。
よく相撲取りは「何も考えずに前に出ることだけを・・・」なんて言いますけど、
この人の場合、もう少し考えて相撲とった方がいいよ。
まあ、下手な考え、休むに似たりかもしれないけど。
ビンゴみたいに情が移ってしまい、昨日は悔しかった一日でした。

相撲が終わったあとは、新橋のガード下で相撲談義。
大阪の阪神ファンになったような気持ちでございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>