学部長さんからの手紙


先日、遅ればせながら埼玉大学の教育学部に
「マンガでわかる物理のしくみ」に加え、拙著を何冊か送ったところ、
早速学部長さまからお礼の手紙が届きました。
「シエスタおじさん」は面白くて一気に読んでいただいたとのこと。
いや、嬉しい!

またこのブログも見ていただいているとのことで、恐縮です。
ただ、以前ブログに書いたことで、浦和レッズのフラッグが飾られているのは、
どうやら学部長さんの個人的な趣味ではないようです。
そのエンブレムに「鳳翔閣」と呼ばれる埼玉師範学校の校舎が採用されており、
(大宮アルディージャとも連携している)
学部を象徴するひとつの歴史の象徴として飾られているとのことでした。
なるほど、学部長の立場でひとつのチームを取り上げるというのは、
今の時代難しいこと。もともとはそんな意味があったわけですな~。
この場を借りて訂正させていただきます。

写真は先週聴きに行った講演会場(外苑前の梅窓院)のパンフレット。
同じ浄土宗のお寺、赤坂・平河山浄土寺ご住職のお話で
中国のお施餓鬼、水陸会(すいりくえ)についての講話でした。
水陸会はあらゆる神様仏様をお呼びする、中国民衆の仏教イベントだそうで、
それはまさに多神教の真髄ともいえるもの。
神仏はおろか、鬼も悪魔も他宗教の神仏聖人俗人動物・・・
すべての生きとし生けるもの大集合で、いかにも中国らしい節操のなさが何とも面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>