父、叙勲。

一昨日、父・陽三が世を去って丁度1ヶ月のその日、
文部科学省から連絡があり、叙勲が決まったということです。
(だったら生きてるうちによこせよって話ですが)、
四十九日には間に合うので、それは良かったと思っています。
正四位(せいしい)瑞宝中授賞というものだそうで、
調べてみたところ、何でも勲章というのは、日本では聖徳太子の「冠位十二階」に遡るそうです。
さらにその源流は中国魏晋南北朝時代(三国志の時代のあと)
に辿り着くというのだから、いや話は古い。
ノーベル賞のようにお金がもらえるわけではなく、
もらえるのは名誉だけなので、つまらんと言えばつまらんのですが、
父の人生が評価されたのだから、それは喜ぶべきことでしょう。
再来週、埼玉大学まで家族で取りに行く予定。
小学校5年の時に一度行ったきりですから、少し楽しみでもあります。

父、叙勲。” への4件のコメント

  1. おめでとうございます
    叙勲、すばらしいですね!
    天国のお父様、きっと喜んでらっしゃいますね。
    ますます尊敬しちゃいます。
    いえ、お父様もマスオさんもです。はい。

  2. ありがとうございます
    ぴょんさん、ありがとうございます。
    まあ、仏教のしきたりでは四十九日過ぎてませんから、
    天国にも地獄にも、まだ到着してませんが、
    ともかくも良かった。
    それにしても、文部科学省の手続きは異様に早いのは、
    すでに叙勲が決まっていたからのようで、
    もう半年長生きしてれば、生きてるうちに間に合ったかもしれません。
    でも、まあいいかな~。

  3. Unknown
    大変遅れましたが、このたびは御愁傷様でした。

    そして、叙勲おめでとうございます!!
    すごいですねえ。

  4. Unknown
    早いもので、来週24日が四十九日になります。
    それで一区切りがつくと思いますが、
    何やらやることの多い日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>