お父さん、まだいてほしいの?


昨日は父の見舞い・・・というか、医師の説明を聞きに行く。
実はこの1週間、親爺は2回ほど呼吸不全を起こし、
3日前などは気管切開をするかどうかという電話が、夜の10時頃に慈恵からかかってきた。
はたして気管切開まではせずに済んだようだが、加齢による呼吸困難の症状があることが判明。
だが、そんな状況にもかかわらず、親爺はわりとケロッとしている。
言葉はまだ不自由ではあるものの、「こぐれようぞう」と自分の名を言えたり、
「こぐれはるこ」「こぐれますお」と母や私の名を口にできるのだ。
だが、まだ普通の会話は難しく、
”モノ言いたげな目”とは、こんな目なんだろうという感じ。
「お父さん、帰ってもいい?」と母が聞くと、クビを横にふる。
「お父さん、まだいてほしいの?」と聞くと、クビをタテにふる。
そんなことで気がつけば3時間半、病院にいてしまった。
親爺が最初に倒れてから12年・・・あの時もダメだと思ったものだが、
干支がひとまわりしてしまった。
今までの例からすると、また回復しそうなものだが、いやどうなることか。

写真は横浜港に停泊中のクルーズ船・飛鳥2。
春先、この船で講演をしながら南西諸島~台湾に行って戻る予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>