ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ


昨日の夕方は実家の草刈りに行く。
今年は雨が多く、気温が高いせいか、草木がやたらによく伸びる。
たいして広くない箱庭に、木槿や山椒、アジサイなどが所狭しと生え、さながらジャングルのごとし。
ベルトに蚊取り線香を下げて草刈りをしたのだが、それでも食われてしまう。
風呂に入ったらなぜかヘソが食われているのがわかり、痒くって仕方ない。
赤坂というと都会のど真ん中ようだが、実はけっこう昔から色々な生き物がいる。
今でもアゲハの幼虫とドクガの幼虫は多く、
柑橘類の葉にはアゲハ。ツバキやお茶の木にはドクガの幼虫がついている。
ドクガは名前の通り、敏感な人は近づいただけでかぶれるので、皮膚の弱い人は要注意。
敏感肌の人は、肉厚の葉っぱには近づかないようにいたしましょう。

写真は先日行った新国立博物館中の、
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
話のタネにあまり期待せず、ここのランチを食べてみたのだが、こ・・これは旨い!
ポール・ボキューズが調理しているわけではないが、繊細で大胆な美味しいフレンチ。
特に車海老(実際は車海老の仲間。正しい名前は忘れました)のリゾットは絶品。
また鶏肉のポトフも食べるほどに後をひく逸品。
ポトフはフレンチの基本、フォン・ド・ヴォーを作るモトになった料理だそうで、
いわばフランス料理の原点ともいえる料理だそうだが、それも納得である。
そのあとの予定があって、ワインを飲めなかったのが残念でありました。

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ” への4件のコメント

  1. Unknown
    ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
    素敵なレストランですね

    お料理美味しそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>