築地魚河岸三代目


昨日は有楽町マリオンに築地魚河岸三代目を見に行く。
久々に劇場で観る映画。
あまり期待しないで行ったのだが、
大変キチンと作られていて、思っていたよりずっと面白かった。
伊東四郎や伊原剛志など、キャストがそれぞれ魚河岸の人に見えるのだから、
役者というのは大したもの。
人のプライバシーの範囲にズカズカ入っていく、いい人たちの大きなお世話ぶりは、
下町育ちだった私の恩人、故・伊藤友雄会長の話とまったく同じ。なるほどね~。
大沢たかおも原作の感じに近く、なかなか好感が持てた。
ただ、田中麗奈だけが浮いていて、どうしても築地の人間には見えなかったなあ。
ところで劇中、大沢たかおが頭から水をぶっかけられるシーンがあるのだが、
あれは、実際に私の親友でやられた男がいる。
魚河岸じゃあ、けっこうある話なんだろうなと思った次第。
ただ彼の話だと、水をかけた方がバツが悪くなるみたいで、
その後の商売ではかえって上手くいったとか・・・。
難を言えば、ドラマ先行でサカナのウンチクなどが出てこなかったのは少々残念。
まあ、2時間の劇場枠では仕方ない。
シリーズ化されるみたいだが、続きをまた見てもいいな♪

映画のあとは実家に寄り、ハーゲンダッツの差し入れ。
親爺をはじめ、みんな元気。
一昨日、車イスがふっとんだ一件があったので、
ムチウチなどが心配だったが、もう大丈夫みたい。
夜は赤坂・うまい鮨勘で、映画の続き。
ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>