友人の死


写真は中国・四川省にある楽山の大仏。高さ76mという世界最大級の大仏さまです。
ところで大仏さまとは直接関係ないのですが、先日・・・大学時代の友人k原くんが9月5日頃、逝去した。原因は脳溢血でした。いや、驚いた! 元気なヤツだったのに・・・なぜ?
新学期がはじまり(教員だった)学校に来ないので大騒ぎになり、家の鍵を開けたところ、すでに亡くなって3日ほどしていたそうです。すでにお通夜も告別式も終っていたのですが、昨日、彼の実家に友人8人ほどでお線香を上げに行きました。西武国分寺線の小川というところです。
逝去から1ヶ月経過していたということもあり、ご両親はやや心の整理がついた感じではありましたが、私たちの姿を見るなり、涙を流すなど痛々しい限りでした。ただ救いは、弟さんが昨年結婚し、来月には第一子が生まれるとのこと。亡くなったk原くんの代わりにはなりませんが、大きな救いにはなると思います。
k原くんは真面目な先生だったようで、その信頼は校長から生徒にかけて絶大だったようです。卒業生も含めて700人以上の生徒が来てくれたといいますから、人気があったのですね。厳しいけど、スジは通す先生だったのだと思います。
ご両親は穏やかな良い人でした。お父さんは歩き方や後ろ姿がそっくりでした。お母さんは、k原くんの健康管理(血圧が高かった)について悔やんでいました。独身でしたから、何度かうまく行きかけた結婚話についても同様でした。
ただ、本人は几帳面な性格だったので、生活が乱れていたわけではなさそうです。食事もキチンと摂っていたようですし、亡くなる直前も「これから別荘(昨年購入したのです)に行ってくる」とご両親に連絡があったとかで、まったく前兆はなかったようです。健康管理が悪くて亡くなったとも思えません。血圧が高い程度のことは、よくある話ですし、本当に突然の死だったようです。
k原くんの遺作100号を2点見せてもらいました。写真をとっておけば良かった。学生時代とは少し作風の違う、明るい良い絵でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>