嫁と義母、義母の姉ふたりでコンサート


昨日は嫁と義母らと一緒に、王子ホールにコンサートに行く。柴田かんなというピアニストの現代音楽リサイタルだが、義母の弟である、フルーティストの杉浦勝彦おじさんが吹くというので行った次第。作曲は小橋稔という方で、知覧の悲劇をうたった作品や、自然や法華経を題材にしたヘビーな作品の初演発表会だ。当然、知らない現代音楽ばかりで、しかもマチネーだったので2時に始ったのだが、終ったのは4:30pmというテンコ盛りの内容だ。ちょっと詰めすぎで疲れること甚だしいが、それはそれで面白かった。
勝彦おじさんは、もう良いお年なのだが、5人兄弟の末っ子ということもあるんだろう。お義母さんはけっこう子供扱いで、いくつになっても、そういう人間関係は変わらないものだな~、なんて思ってしまった。
4:30pmだったので、軽くお茶して帰るつもりが、お義母さんがご飯を食べようというので、お供をすることに。
嫁と義母、義母の姉ふたり(一人は実姉、もう一人は義理の姉)というメンバーなので、当然私にイニシアチブはなし。嫁が気を効かし、スペイン料理の銀座エル・チャチオに先導する。
普段、混んでるこの店も時間が時間なのでガラガラの状態。おばさま3人はスペイン料理はめったに食べないようだが、義母の義理の姉は本国で食べたのが懐かしいと喜んでくれた。
いや、年配の女性3人、しかも姉妹で集まるとなかなか凄いものがある。勝彦おじさんのフルートの話など、もうどうでも良いみたいで、親戚の孫だの嫁だの結婚だのという話に花が咲いて、いやなかなか賑やかなこと。
まあ、満足してもらったみたいで良かったわい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>