ep放送のインド映画/アニル・カプールとマニーシャ・コイララを知ってますか?

昨日は叔父の法事のあと、5時過ぎに家にもどる。
お酒はコップ2~3杯のビールに、日本酒半合ほどのもの。だが、昼間に飲む酒はやたらまわるようで、テレビを見ながら爆睡してしまう。目をさますと、嫁が風呂掃除をしており、つられて掃除をする。でも、二人で掃除をすると家の中はピカピカになるね~。
この週はやたら忙しかった上、夜はつきあいが多かったために、あまりテレビを見てなかったが、平塚の謎の5遺体事件やら、歯科助手に手をかけられた首切断遺体のニュース、スケート界の黒い霧やら、ロクなニュースがない。
それでもボーッとしながら、チャングムの誓いを見て、CS放送のインド映画を見る。
CSのep放送は、毎週金曜と土曜の夜にインド映画の特集をしていて、これがなかなか楽しい。昨日は「1942」というインド独立の映画で、主演はアニル・カプールとマニーシャ・コイララ。と言っても、知ってる人は少ないと思うが、嫁はやたらヒンディームービーに詳しく、いつまでたっても役者の名前を覚えない私をバカにする(でも、このブログを読んでいる人で、アニル・カプールとマニーシャ・コイララをどれだけ知ってるかね~)。
映画はなかなか節操のないいつものインド映画。深刻な内容だが、ノリはやたら良い。
ラストは、悪役のイギリス人と死刑にされるはずのアニル・カプールの立場が逆転。悪者イギリス人は、アニル・カプールの首にかけられるはずのロープで逆に首吊りにされ、さらにダイナマイトで吹き飛ばされ、メラメラ死体が燃え上がる。ここまでやるかという過剰演出だけど、あっさりしたものを好まないインド人は、ここまでやらないと満足しないんだよね~。でも面白うございました♪
今度は、またインドに行って映画館で見たいもんだよな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>