連帯保証人・・・!?

今日の昼、いきなり携帯に「公衆電話」から電話がかかってくる。誰かと思えば、先日潰れた知り合いの寿司屋からで、お金を貸してほしいとのこと。ええ~!? 
世話になった人の連帯保証人になったため、店を手放したんだそうだ。
その寿司屋の大将、知り合いの知り合いくらいの仲だったから、丁度借りるのに都合が良いのかと思いきや、借りれるところからは、あらかた借りてきているらしい。さらに電気、水道、ガス、電話、すべて止められているようで、かなり困っているらしい。
こっちだって、別にお金があり余っているわけではない。最初は貸さないつもりだったが、家に来られても困るので、少額を貸す(あげる)ことに。家が三田か高輪の方だそうなので、打ち合わせ先の六本木にきてもらうようにした。
前から貧相な感じはしてたけど、散髪に行く金もないのだろう。髪はボサボサで、不精ヒゲがカビのように生えていて、前歯が何本か抜け落ちていた(前から歯はなかったけど、さらに2本くらいなくなっていたような・・・?)。
今は包丁を握らずに、掃除夫をしていると言っていたが、う~ん。人生とは恐ろしい。清掃の仕事は色々な人生の溜り場だと言っていたが、厄がつきそうなので、あまり聞かずにいい加減なところで話を切りあげる。
必ず返す、必ず立ち直る。そう言っていたが、どうだろうな~。目は生きていたので絶望でもないだろうが・・・。
いい腕をした職人だっただけに勿体ない。あの手はモップを握る手じゃなくって、包丁を握る手なんだろ~! まったく!他人の不幸は蜜の味というが、あまりに不幸だと、何だかね~。
人助けをしたという良い気持ちには少しもならず、本音を言えば厄がついたようで、ちょっとヤな気分の1日でした(厄がついたと思ってしまう自分も、けっこうヤだね~)。立ち直ってくれれば嬉しいけどさ。

連帯保証人・・・!?” への2件のコメント

  1. 連帯保証人
    保証協会が第三者の保証人を不要にすることになり、民間の金融機関も、そうなる流れのようです。一つ潰れるたびに、その経営に何ら関係のない第三者までドミノ倒しされるだけで、金融機関にとっては、結局貸し倒れになるのみならず、破産者を増やすだけ。
    第三者連帯保証人制度は、百害あって一利無しの典型ですね。

    ついでにサラ金の金利グレーゾーンも、解決するといいです。
    銀行でさえ、苛烈なリストラを経て、経営を立ち直らせたのです。
    サラ金は、テレビCMの大量垂れ流しを止め、店舗を減らし、人を減らし、ネット上の広告もやめ、リストラに励んで、金利を下げろと、声を大にして言いたいですなぁ~。

  2. なるほど
    かなこさん、こんにちは。
    この連帯保証人のブログに関しては、ほかからも色々メールなどをいただきました。
    本日23日の更新で、続・連帯保証人を書いておきましたので、よろしくお願いします。
    私はかなこさんの意見に120%賛成でおます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>