箱根金時山から富士山を望む!

昨日と一昨日は栗本さんと沖縄の山城さんとで箱根湯本で温泉保養に行きました♪

昨日はヤロー三人で箱根金時山に登山いたしました。
朝は雪がふっていたので絶対に無理と思い、栗本さんにポーラ美術館に行くのを進言したのですが、とにかく金時神社までは行こうという話になりました。

二人とも美術館よりは山登りの方が好きなようで、特に沖縄の山城さんは「こんなにまわりに雪があるのは生まれて初めて」だそうなんで、不承不承ついていくことに。

春先の山は歩きにくく泥だらけになりましたが、頂上は腫れていて、写真の通り富士山がきれいに見えて、沖縄の山城さん大喜び!

10回以上金時山を上ってる栗本さんも、ここまでハッキリ見えてのは初めてだそうで、行いの良いヤツは誰だ?(笑)

戻ってからの温泉とビールは格別♡
入れ違いの浅見さん夫妻にご挨拶したあとは、17:18のロマンスカーで爆睡して、おうちで御飯を頂きました♪

箱根金時山から富士山を望む!” への2件のコメント

  1. お疲れ様でした。
    山城さんは沖縄にない高い山登りにわざわざ沖縄からいらしたわけなので、多少荒天だろうと美術館より山登りがいいに決まってます。栗本さんの判断ならそれなりにあてになりますし。金時山は高齢者でも登ってる山ですし。
    おそらく画伯の周囲にいらっしゃる美意識のたかーい方たち(褒めてません)とは身体の作りから違っているのではないでしょうかね。
    ポーラ美術館はとても素晴らしいし人を案内したくなるのはわかります。
    でもあの二人を前にその進言はKYですな(ブ)。
    私たちはお風呂に6回くらい入って帰ってきたなうです。

  2. あ@花さん、おはようございます!

    雪なら行かないと言ってた金時山ですが、いや楽しかったですな♪
    山城さんの喜び方も大変なものでしたが、栗本さんの雪道講釈は、体の使い方を知る上で興味深いものでした。
    栗本さんのガールズトークはダメダメですが、やはり自分の専門分野においては大したものです。

    雪道は下り坂が白眉ですね。腰や膝の使い方を教わりながら慎重に降りて行きましたが、2度ほど派手に転びました。泥だらけになりましたが、柔道の受け身が役に立ち、ケガをしないで済んだようです。

    栗本さんはもちろん、特に山城さんはポーラ美術館にはまったく興味がなかったようで(笑)・・・特に展示がシャガールとピカソという内容だったので、おっしゃるように美術館の選択は論外だったようです。
    何より、私自身が雪道のトレッキングを堪能できたことは、お二人に感謝です。これなら、また登ってみてもいいな。
    市ヶ谷の釣り堀は行きませんけどね(苦笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>