湯あたりで体質が変わる?

先週、萩の「萩一輪」という旅館で入った温泉は、実に素晴らしい湯だった。海がすぐそこのせいか、しょっぱい湯にびっくり。4回ほど入るうちに、唇にできていたニキビだかおできがポロリと落ちる。即効性があるのかも。
だが、その分湯あたりも大きかったもようで、疲れもあって微妙な体調の日が続いた。効能のある温泉というのは、まず体の弱いところが痛くなったり、疼いてきたりするらしい。私の場合は膝と胃にウズきが出てきて、その後何日か体がだるかった。おそらく何日か続けて入るのがベストなんだろうがね。嫁はニキビが出てきたが、これは体内の悪いものが表面に出てきたものと思われる。
嫁と私は、似たような体調の日が続いているから、たぶん温泉の力が発揮されてるのだろう。二人とも入浴後、4日めほどで胃腸の具合も良くなってきた。
私の場合は不思議なことに、胃酸過多の傾向が緩和されたもよう。温泉に何度か入った程度で、そんな簡単に体質が変わるとも思えないのだが、萩一輪の湯以降、コーヒーをあまり飲んでいないのが妙である。これがきっかけで、胃酸過多が解消されるのか、それとも元に戻るかはわからないが、まあ悪い感じではない。
いや~、それにしても強い湯であった。今度は長逗留でもしたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>