六本木のハロウィン仮装ふたたび

頂き物のエシレのクロワッサン。
バターたっぷりなのにサクサクでした♪

昨日、土曜の六本木の夜。アマンドの歩道では、30人くらいの若者の集団が記念撮影をして、通行人を遮っていました。どこの田舎から出て来た人たちか知りませんが、天下の大道で傍若無人とはまさに読んで字の如しです。

迷惑なので私は前を横切ってやりましたけど、 通行人のみなさん。遠慮して立ち止まることありません。日本人はこういう時に妙に親切ですね。

さすがに30人の酔っ払い相手に「やめろ」とは言いませんでしたが、天下の往来で迷惑行為をしてる人たちに妙なマナーは不要です。

金曜土曜の六本木はワルプルギスの夜の如し。魔女の饗宴のように変なものがいっぱい集まってきます。

写真を撮っていた若者たち。
みな利口そうな顔はしてませんでしたが、着ているものや表情を見ると、それなりの育ちのようです。
若い頃の自分のことを考えると、まあこのくらいのことは仕方ないかなと思う一方、六本木の夜というのは普段はまともな青年や会社員をキチ○ガイにするものがあるのかもしれません。

で、昨年もブログに書いたんですけど、毎年恒例のハロウィン仮装がチラホラ登場してきました。これから1週間、六本木に行くたびこの人たちの衣装を見るのかと思うと、ちょっとウザい気がします。

早くハロウィン、終わらないかなあ・・・

今、制作ちうのなまけ蛙ちゃん。今回は姫かえるです♪

六本木のハロウィン仮装ふたたび” への2件のコメント

  1. こんにちわ。

    >迷惑なので私は前を横切ってやりましたけど、

    うほほ、けっこうでんなあ。
    変な張り合いしますと、
    アッシはTV撮影中(録画)を横切りました。
    通行人に高飛車でストップ掛けてるからでした。
    なんか怒鳴って来たから、
    「ニイちゃん、管轄の警察署の2千円の道路使用許可証、見せてみぃ。」
    「・・・・・・・・・・・」
    「妨害だっちゅーなら、110番してやぁー、ワテを逮捕させたらよろし。」
    って牛歩で大人げなかったなあ、っていうか、もうヤクザ。

    因みに、許可証が有っても、商行為は最優先じゃありません。
    あくまで当該者皆様のご協力を仰がなくては駄目ですのでね、
    強気に出てください、って何言ってんだか。
    真っ当な国民以外は何処までも嫌がらせ...。

    失礼いたしました。

  2. お頭さん、おはようございます!

    TV局の若い衆が通行人に高飛車にストップかけてる話、以前も伺ったことがありますが、日本人はわりと素直に言うこと聞いてしまうんですよね。

    不当なことに協力することはなし、ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>