大砂嵐、一度大ケガせえ。

見てください、昨日の稀勢の里vs大砂嵐の相撲。

断言しましょう。
大砂嵐、この人は遠からず大ケガします。

他人にケガさせる力士は、自分もケガが多いと言いますが、この相撲は明らかにそういう相撲ですね。

外国人だからというのもあるでしょうけど、相手が大関だからというのではなく、日本の武道の根底にある、相手に対する敬意がこれほどない相撲は見たことがない。

勝てば良い、殺せば良い。
それは裏を返していえば、殺されても良いという意味でもあります。

大砂嵐の素顔を見ると、悪い人には見えません。
エジプトから単身、やってきて苦労もあるでしょう。
だから、百歩譲って言えば、本人はこういう相撲がわるいとは思ってないのでしょう。それに頭は薄いけど、まだ23歳の若者ですしねえ。

これはひとえに親方衆の責任が大きいと思います。
親方の番付は十両でしたから、なかなか言えないのかもしれませんが、元寺尾の錣山親方などを見ると、横綱鶴竜にきちんと指導できているようですから、言うべきことは言うことが大事でしょう。

大砂嵐はエルボーまがいのかち上げをしても、大関がやり返さないのをわかってしてるのでしょう。

そこはさすが稀勢の里。昨日の苦杯があっても、慌てずに押し出しました。
それになんか気の利いたコメント、言ってたな。
(何と言ったか、忘れてしまった。覚えている人は教えてくださいませ)。

あれを白鵬や日馬富士にも同じことをやれば、それはそれで、彼のやり方なんでしょうが、あの相撲で上には勝てません。

その前に必ず、大ケガします。

先ほど、他人にケガさせる力士は、自分もケガが多いと申しましたが、本人はケガをしても良いと思っているのかな。

大砂嵐はすでにあちこち痛めているようですが、ここは本人のためにも、一度大ヤケドをした方が良いかもしれません。

ともあれ、大砂嵐と白鵬&日馬富士の相撲は、際物を見る意味で楽しみです。決して愉快な相撲にはならない予感はいたしましたが。

きせ関は、これでかえって気負いない相撲がとれるのではないかと思います。
仮に鼻が折れていても、あの人は大丈夫ですしね(笑)

大砂嵐、一度大ケガせえ。” への2件のコメント

  1. えーと、、、きっせーの取組後のコメントですが。
    私も聴いたわけじゃなくて、ツイッターでどこかの記者さんが呟いているのを読んだのだけど、鼻が折れてないか?と聞かれて
    「折れるような鼻なんてないよ。日本人だからね」
    というようなことを言ったそうです。で、そのまま風呂場に。

    でも折れてなくてほんとよかった。大丈夫とは言っても怪我は怪我。しない方がいいに決まってます。

    大砂嵐本人ももちろんだけど、親方衆の考えはどうなってるんでしょうかねえ。

  2. じゅんじゅんさん、おはようございます!

    >「折れるような鼻なんてないよ。日本人だからね」

    おお、ありがとうございます!
    それとは別に、TVでアナウンサーが言ってたセリフがあったような気がしたのですが、記憶違いかなあ。

    ともあれ余裕のコメント。
    さすが大関です。

    >でも折れてなくてほんとよかった。

    腫れてもいませんでしたね。
    しかし、かちあげに骨のある部分を当てるのですから、
    あれはどう考えても反則ではないでしょうか。
    相撲協会に投書しないといけませんね。

    本日、このあと昨日の白鵬の相撲も含めて、ブログにしますので、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>