柔術

昨日は大学の時の部活で集まりがある。
若い頃、天武無闘流(てんぶむとうりゅう)柔術という、ちょっと変わったものをたしなんでいたが、その集まり。今は相生道(そうせいどう)という名に変わり、けっこう大学でも部員がいるらしい。
創設者の師範は、10年前に45歳の若さで世を去ったが、今でもいくつかの大学で活動が続けられている。
20年前というと、柔術というと何だかわからないイメージがあったが、今ではすっかり様変わり。その名を残しておいた方がよかったようなものだが、部員も多いそうなので、結果的にはそれで良かったのかもしれない。
それにしても20年経つと、世の中も人もさまがわり。マネージャーやっていた人の次女はもう17歳。うーん・・・。

柔術” への1件のコメント

  1. 相生道の10年、そして20年。意外であり同時に意外でないところへのツナガリと、ビッグイヤーへの妄想。

     昨今の例に漏れず今日は稽古不参加だったのですが、南山のほうは演武会に向けて稽古の様子は如何でしょうか? 多摩美のほうも芸祭ですね。
     それはさておき、情報の網に反応した情報があったので、報告とかを兼ねて。
    『中学生にもわかる仏教』『堪能ルーヴル―半日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>