中国の仮想敵国はアメリカです


昨日のブログの続きです。

水曜日にあった勉強会では、
AEI(American Enterprise Institute)、アメリカン・エンタープライズ研究所という、
米国のシンクタンクに在籍して人の、米国が対中をどう考えているかという話を聞きました。

それによれば誰もが想像するように、中国は仮想敵国を米国においているとのこと(逆も同じですが)。
それも中国は先の大戦の、日本の富国強兵策から学んでおり、
真珠湾攻撃をはじめ、米国にたいする日本の戦い方も研究済みということでした。

ソ連時代は陸軍が突出していたのが、現代は海・空軍主力に。
宇宙軍などというものにも力を注いでいて、月への移住も本気で考えている。

先に中国が自国の人工衛星を撃ち落としたのも、
他国に対してGPSなどに対する攻撃が、
いつでもできるんだぞというデモンストレーションだったとか。

中国とアメリカの軍事力が逆転すると、沖縄を占領されてしまう・・・
なんてキナくさい話にもなりましたが、
ふと、今、侃々諤々と議論されてるTPPも、中国の台頭に無関係ではないのかな、
なんて思ってしまいました。

これから日本以上の超高齢化社会を迎える中国。
広大な領土を有してますが、歴史的に見ると漢民族のもつ領土の本体というのは、
(強制しなくても、ある程度大丈夫な地域)せいぜい北宋時代の範囲でしょう。

米国も中国を軍事力によって制圧することより(第三次世界大戦になります)、
ソビエトのような内部からの崩壊を望んでいるじゃないかな。

TPP反対賛成は大いに議論の余地がありますが、
今は下り坂の米国ですが、
長いスパンをかけて、もう一度覇権を握ろうとしているのかもしれません。

写真はアセナの前菜盛り合わせ。
携帯で撮った上、チラシも一緒に写ってしまいましたが、
弟子のブーチンさんの腕前はなかなかのもの。

ブーチンさん、思った以上に器用でして、それこそ天狗にならないか心配するほどです!
(まあ、相手があのシェフですから、そのくらいで丁度良いかも)。
ピクルスも上手に漬けるし、あれは家でも普段から料理してますね。

お店も週末だけあって、繁盛していたし、
昨日は綾子さんにラジオの生インタビューもあって、何よりでした。

レベントシェフも順調に回復していて、いつ退院できるのかと聞きはじめてるそうです。
せっかちだね。まだ、しばらくかかるよ。じっくり治しなさいって。

ICUにいた時のレベントシェフ。
管を口に入れられ、綾子さんがぐっと手を握る姿は涙をさそいましたが、
その時、シェフの鼻のアタマから短い毛が2本、ピヨっと生えているのを発見。

何で、向こうの人って鼻のアタマに毛が生えてるんでしょう?
耳毛は日本人のおじさんでもいますけど。

雰囲気が雰囲気なんで、その時は口には出せずにいましたが、
一昨日に回復の知らせを聞いて、思わずツイートしたところ、
綾子さんも気になっていたという返信がありました。

時々抜いてあげてるみたいですね。
やっぱり綾子さんも文字通り、毛になっていたんですね・・なんて、ウフッ♪

美しきは夫婦愛かな!

中国の仮想敵国はアメリカです” への5件のコメント

  1. 所詮人類
    >ソビエトのような内部からの崩壊を望んでいるじゃないかな。

    大国、先進国はいずこもぐぢゃぐぢゃですね。
    自壊するか、そのまま引き摺るか、体たらくは続く。
    日本が世界を救う、という御高説が在りますが、
    いかがでしょう?
    胸に手を当てれば、思い当たる?

    所詮化学反応なので、冷める方向に向かう、
    エントロピーが増加するしかないので、
    良くは成らないのだと思います。
    って、悲観的に過ぎるかな?

    その店、否、その点アセナは神憑(かみがか)り?です、
    復活しますよ。
    シェフ、全然敬虔じゃないのに???

  2. 愛は熱い
    >シェフ、全然敬虔じゃないのに???

    然し、奥様の愛は熱く、不可逆反応を無視して、
    冷えないんですねー、非科学的なんですよ。

    これが、若しかしたら、世界を、人類を救います。

  3. good-luck charm
    レベントシェフは、何か持ってる、ツイてると思っていました。それだったんですね。その毛が身を守ったのかもしれません。

    アセナの皆さんの底力が集結してピンチがチャンスになったんですね。

  4. 豚は食べません
    お頭さん、おはようございます!

    >日本が世界を救う、という御高説が在りますが、
    >いかがでしょう?

    うーん、それで円高なのかな~?
    先進国はどこでも借金漬けですよね。

    どう考えても返せる金額じゃありませんが、
    これってドイツが5億マルク札を発行した時みたいに、
    世界大戦しかないのかなとも思います。

    ギリシャ問題にしてもそうですが、
    欧州危機って食い止められるもんなんですかね。

    何処より借金の多い日本が巣くう、もとい、
    救うっていうのも変な話ですが。

    >復活しますよ。
    >シェフ、全然敬虔じゃないのに???

    間違いなく復活しますね。

    シェフの神さまは八百万もついているのかな。
    それって、一神教のイスラムの教えに反するけど、
    まあいっか。

    シェフ、大酒は食らうけど、豚は食べないそうです。

  5. もしもしカメよ、毛が生えた♪
    naotさん、おはようございます!

    >good-luck charm

    だったら抜いちゃいけないかも。
    それとも、もう危機は脱したからもういいかな?

    もしもしカメよ、毛が生えた♪
    世界のうちで、毛が生えた♪
    歩みののろい、毛が生えた♪
    どうしてそんなに・・・(以下略)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>