眉唾・・・反格差デモ? ~ アセナのトルコワインパーティー


反格差デモ、世界に拡大…ローマでは一部暴徒化(読売新聞) – goo ニュース

今日の東京新聞でも一面トップでしたけど、みんな先進国ですね。
世界80カ国に広がり、190都市で行われたと報道されてますが、
「反格差デモ 参加国」「反格差デモ 都市」と検索しても、ほとんど何も出てきません。

ほんまに80カ国でデモなんか、あったんかいな?

反格差デモだったら、超格差社会のデリーやムンバイあたりで激しくやりそうなのに、
(欧米の比ではありません)比較的、格差の少ない国や都市が出てるのは不思議です。

ただローマでは車を燃やしたり、商店を破壊したり・・・
日本人は震災の時でもそんなことしなかったのにねえ。

イタリアよりは、ギリシャで激しいデモが行われそうですが、
彼の国では、給料引き下げリストラ反対デモの方が大きいみたいですね。
世界経済がキミたちのために、シャレにならない危機に瀕しているのに、
国民の4割が公務員の国って、こうなっちゃうのかと思いますが。

ツイッターでは何100人も集まったフジテレビのデモは報道しないのに、
東京の反格差デモは150そこそこ(しかもサクラという噂も)なのに、
何で報道するんだという声もあります。

おそらくは、メディアは「反格差デモが世界で広がっている」と報道したいのでしょうね。
何を目的にしてるかわかりませんが、メディア好みのニュースなことはたしかです。

それにしても反格差デモでは、
大企業=搾取という、何10年も前の典型的サヨクのスローガンが、堂々と掲げられてびっくり。
(一部の金融などは、言われても仕方ない面はあるが)

国の経済を支えている大手を潰そうといった発言なんて、タコの足食いと一緒なのに。

某大手自動車会社は自殺者が出るほど、社員を追い込んで働かせているそうで、
まわりで見てるほど楽じゃないのになあ。
なんか「羨ましいぞデモ」という感じもしないじゃありません。

写真は昨日、赤坂のトルコ料理店アセナで行われた、
トルコワインを楽しむパーティーのメニュー。
クスクスのサラダ、トマトのスープ、トルコ風ロールキャベツ、トルコ風春巻き、ローストビーフetc。
超人レベントシェフ、顔はコワイけど味付けは繊細で絶妙ですね。

ネットで知り合った人とは会わない方が良いと言いますが、
文は人なりで、まともな人かどうかのある程度は、文章で見当がつくもの。
昨日集まった人たちは、みな気持ちの良い人ばかり。
アセナのパーティーにはずれなしです。

次回はボジョレーの会を11月やるそうです。
ボジョレーヌーボーはそんなに好みのお酒ではありませんが、
何でも樽で出されるので、一味違うとのこと。
ケバブマシンも導入するそうで、綾子夫人の話ではキョフテ以上の味だとか。
こちらも引き続き、出てみようと目論んでます。

眉唾・・・反格差デモ? ~ アセナのトルコワインパーティー” への4件のコメント

  1. 逃亡者
    ギリシャの通貨がドラクマからユーロになった時は驚きましたけ。私が旅をした時はすでにユーロでしたが、当時からギリシャは物価が高かった。そしてトルコに逃亡しました。

    >「ネットで知り合った人とは会わない方が良いと言いますが・・・・」

    I agree with you! ネットは単なるツールであって、そこからが先が始まりなのです。良い人の周りには良い仲間が集まる。素敵な出会いに感謝です!

  2. キョフテ
    ドラクマというのは、当時から欧州最弱の通過でしたね。
    それをドイツやフランスの通過と一緒にするところにムリがあったのでしょう。

    >そこからが先が始まりなのです。

    いや、おっしゃる通り。
    そろそろnaotさんとは何で知り合ったか忘れてきたくらいで。
    また来週にでもキョフテでも如何でしょう?

  3. あせらずアセナ
    >そろそろnaotさんとは何で知り合ったか忘れてきたくらいで。

    そうなるくらいがいいのかも知れません。きっかけは「アセナ」さんですね。では来週後半にでもアセナしましょう!

  4. 来週後半
    naotさん、おはようございます!

    ほんとは昨日、ロールキャベツが出てとこで声をかけようと思ってましたが、ビーフに変わったようです。

    では、来週後半行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>