どぜう平岡大臣~死刑廃止・・反対したら殺します


昨日からの続き、閣僚の顔の話です。

NHK朝のニュース・閣僚インタビュー、今日の閣僚は平岡法相でした。
昨日の小宮山大臣といい、よく集めたと思うほどの人相、オンパレードです。
それなら”見なきゃいいだろ”と言われそうですが、コワイもの見たさでついつい見てしまいました。

ただ、インタビューは思ったほどのものではなく(バカではないんですね、この人)
世間の死刑廃止論に対する風当たりに配慮したのか、
死刑のありかたに関しては、自分の意見を名言してませんでした。
(反対に、そのあたりの意見を引きだしたかったインタビュアーは、ちょっと拍子抜け気味)。

それだけに死刑廃止、外国人参政権、人権擁護法案、
なにがなんでも通すぞという感じで、不気味ではありましたが。

ご存知のように、この人はなぶり殺しに遭った少年の遺族に、
加害者にも事情があると明言した人であります。
(しかも収録後に、反対意見を言ったカンニング竹山に”オレを誰だと思ってる”と恫喝したとか。
 ま、そちらは噂ですが)。

死刑廃止、リベラル、どの国も敵視しない外交、平和主義。

うーん、どの言葉も耳障りは良いけど、そのわりにこの人の目は戦闘的でコワイな~。

「死刑廃止論に反対したら殺す」
「リベラルでない奴は投獄」
「どの国も敵視しない。真の敵は自国にあり」
「平和のためなら手段を選ばない」

なんて、あの目を見て耳障りの良い言葉を聞くと、そんな風にまぜっかえしたくなりますね。

「燃えよドラゴン」に出てくる、ボロ(?)というキャラクターを覚えているでしょうか。
相手を持ち上げて地面にたたきつけ、首をへし折る残忍な役ですが、
目が小さく垂れていて、眉毛の上がった大臣の顔は、そのボロによく似ていますな。

しかし、おそらく大臣はあんなに単純な人格ではないでしょう。
小宮山大臣にしても平岡大臣にしても気になるのは、
目の奥でチロチロ燃えてる暗い炎のようなものです。

いったい、わが国をどうしたいのか。
どじょう政権の行方が気になりますな。

まさか総理まで同類じゃありませんよね?

写真はあ@花さんが稽古総見を見にいった時、偶然両国でキャッチした稀勢の里関です
浴衣すがたを見られて、”ゆかった”ねえ・・・なんて、ウフッ♪

どぜう平岡大臣~死刑廃止・・反対したら殺します” への4件のコメント

  1. またまた下劣ですが
    >そのあたりの意見を引きだしたかったインタビュアーは、ちょっと拍子抜け気味

    本音を引き出すには、上手く(?)怒らせるといい。
    NHKでは無理だろうけど。

    >「燃えよドラゴン」に出てくる、ボロ(?)というキャラクターを覚えているでしょうか。

    覚えてます。
    何故か、今で言うメーキングフィルムを見たとき、
    実写には皆無のこの方の笑顔が実に良かったから。
    こんな落差が有るんだ、と印象に焼き付いて(?)しまいました。
    この人、きっと善い人???

    話は変わって、赤坂氷川山車3台目。
    見事ですよ、神社に行くと拝見できます、多分。

  2. ボロ
    お頭さん、おはようございます!

    >本音を引き出すには、上手く(?)怒らせるといい。

    それは、ある手ですね。
    本音を引きだすやり方ではありませんが、私は詐欺師ジェームス川田にされたことがあります。
    http://blog.goo.ne.jp/sib-manboxf6/e/bdd469704a47ef67d99532617e7f9ffe

    最初、作品を批判し、あとで誉める。
    私は世界的デザイナーだ、キミを取り立ててあげよう。

    で、5000円持っていかれました。

    >この人、きっと善い人???

    さすがお頭さん。よく覚えておいでで。
    ボロ役の人はきっと良い人ですね!
    間違いありません。

    映画の中では役作りしてるんでしょう。
    で、大臣はそっちの顔に。

    お祭り、参加しないとね~。

  3. 死刑
    Unknownさん、おはようございます!

    同感とは、平岡法相についてですね。
    オウムに情けとは論外です。

    彼を死刑にしたいくらいだな。
    原理主義者は国を滅ぼします。

    遠からず変わるでしょうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>