中国高速鉄道脱線事故、証拠隠蔽か


中国高速鉄道脱線事故、証拠隠蔽か?

今さら、どんなニュースを聞いてもびっくりしない、この国のことですが、
事故を起こした車両を地中に堂々と埋めるのには、さすがにびっくりですね。

報道官はネットが発達している今の世の中で、隠し事などできるはずない、
なんておっしゃってますが、それを堂々とやっているのがスゴイです。
たぶん事故車両を検証したら、数えきれないほどボロボロ出てくるんでしょう。

車両の技術供与をした日本のメーカーは、
あの国だったら責任を押し付けかねないと戦々恐々ですが、
普通に考えて、これら一連の隠蔽は国益ということを考えれば、何のプラスにもなりません。

というか、すでにもともとなかった安全面の信用が、さらに窮地に立たされるわけですが、
それなのに、なぜこんなことをするかと言えば、
上層部だって、国際的な信用を失うのがわからないほどバカじゃない。

でも、単純に各々の部署の担当が、国のためじゃなく自己保身の責任逃れをするからでしょう。
責任を取れば、バカを見るのがわかってるからです。

山崎豊子先生の「大地の子」では、雨ざらしにしておいた部品の欠陥を、
「雨ざらしという天候のせいならば、責任は私ではなく、”天”にある」
と、空を仰いで指をさす場面がありますが、
いつのどの世も、この大陸の体質が変わっていないことを示してます。

それにしても白昼堂々と証拠隠蔽とは・・・うーん(笑)。
上海鉄道局の関係者は
「事故原因の究明には役立たない。もはや、くず鉄だ」などと話しているとか。

中国人に最も人気のある人物のひとりが(毛沢東とか、操作で人気ある人物じゃなく)、
あの三国志の英雄・関羽だと言います。
信義に厚く、決して人を裏切らず、劉備玄徳の臣下に過ぎなかった関羽が、
死後「関帝」と呼ばれるようになったのは、そんな社会だからなのかもしれません。
(信義に厚く、決して人を裏切らず・・それが立派なことだって、この人たちだってわかってるんじゃない)。

しかしながら鉄道より怖いのは、中国国内の原発でしょうね。
いや、四川大地震の時の原発は、もう・・・。

写真は初場所取り組み、稀勢の里と荒鷲です。

中国高速鉄道脱線事故、証拠隠蔽か” への4件のコメント

  1. 自分は棚に挙げ
    >死後「関帝」と呼ばれるようになったのは、そんな社会だからなのかもしれません。
    >(信義に厚く、決して人を裏切らず・・それが立派なことだって、
    >この人たちだってわかってるんじゃない)。

    現人民の皆さんで分かってる人って、極々少数しか居ない、
    と聴いています。

  2. 関帝不能
    お頭さん、おはようございます!

    うーん、やっぱりわかってないんですかね~。
    (関羽を知らないって意味じゃないですよね
     これがホントの”かんてー(鑑定)不能・・・なんて、ウフッ♪)。

    埋めた車両を掘り返したり、遺族を監視して多額の賠償金を払ったり、やってることはヤクザより(以下略)。

  3. 梅るな
    naotさん、おはようございます!

    秦の時代の焚書坑儒以来、都合が悪いものを埋める、臭いものにフタはお家芸ですね。
    また掘り起すのがすごい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>