活かそう! 発達障害脳


一昨日、花風社さんから新刊「活かそう! 発達障害脳」が届きました。

当然ながら配本は読者優先なので、デザイナーさんと絵師に届くのは少し遅れます。
ツイッターでは
「読んだ!」
「今まで、モヤモヤしてたものがハッキリした」
「2回読む」といった声が届いていたのですが、
現物を拝むのは、これがはじめて。

いや~、良い本ですね~♪
もちろんゲラの段階で内容を読んではいますけど、やはり本の形になると違います。

「脳」を取り上げてるだけあって、そんな簡単な内容じゃないのに、
ここまで面白く読めるというのが素晴らしい。

長沼先生は、障害脳にかぎらず、どんな人も脳に凸凹を持っていると書いています。
(アインシュタインも左の頭頂葉に異常があり、文字に弱い面があった一方、
 思考実験など右脳的なイメージ能力は高かったとか)。

前頭葉、後頭葉、帯状回などといった、脳の部位の特性を取り上げて、
どこかが弱ければ、そこに隣接した何かに強い面がある。
うーむ。

自分を含めてだけど、まわりにそういう人はいっぱいいるな。

もちろんアインシュタインのような卓越した能力を持ってる人は少ない・・ちゅうか、
そこまでの人はいませんが、
障害者の場合、発達できるブブンの能力を活かして「いいところを伸ばしていく」
ことは十分にできるわけですね。

そういう意味で、この本は障害者やその身内のみならず、
読む人に希望を与える本です。
みなさまには、ぜひご一読をオススメします。

私が描いたイラストやマンガも効果的に使われてますよ。
デザイナーの土屋さん、ありがとうございます!

一昨日は、そんなわけでスタッフ一同が赤坂のトルコ料理・アセナで慰労会。
美味しくいただき、ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>