松本復興担当大臣の暴言


昨日、ツイッターをチェックしていたら、猪瀬福都知事のリツイートがまわってきました。

民主またやっちゃった。国側の出遅れを詫びるが先。
小泉さん「野党の人って権力握ると命令すればできると思っちゃうんだね。
権力半分、信頼半分なのにね」と至言。 RT

という猪瀬福都知事のコメントを目にし、何だろうと見てみると、
それが松本復興担当大臣と宮城県知事が会った時の画像でした。

いや、見てびっ栗!

大臣の態度があまりにひどい。
時代劇の悪代官でも、ここまで人を不愉快にさせることはできないでしょう。

百聞は一見にしかず・・・まあご覧くださいまし。

先日、私は拙ブログで、
菅直人が本当に総理の座にしがみついていたい一心で、
今の政権を継続させているのか?
一国の総理になる人間が、本当にそんな理由でトップにしがみついてるものか?
という疑問を呈したのですが、
松本大臣の態度を見ると、威張りたいので大臣をやっていると言われても仕方ありませんね。

(指名した菅さんも同じ穴のムジナで、同類なんでしょうな。
 代わりが見当たらないのが、何とも情けない)。

このブログをお読みの方はご存知と思いますが、
私は左翼系の人が、世の中を動かしてはいけないと思っています。
(松本大臣は元社民党。プロフィール、ぐぐってくださいまし)。

なぜかといえば、彼の人たちのスタートラインが、
資本主義の原理である競争を否定するところから始っているからです。

資本主義の競争すべてが良いとは言いませんが、
少なくとも日々の糧をえるために働こうとしますからね。
”努力をしないと報酬が得られないシステム”が整っているのは、
そんな意味でわるいことではありません。

社会主義の崩壊は、働く者と働かない者の報酬が同じという、
人間そのものがわかっていないことから起こったと言っても過言ではないでしょう。

社会主義においては、人間はすべて平等でないといけないはずですが、
面白いことに、資本主義社会よりも地位や権力に執着する傾向があります。

また、先に挙げた小泉さんの言葉ではありませんが、
「権力握ると命令すればできると思う」のは、まともに商売をしたことがないからでしょうね。

松本大臣は、知事が出迎えて挨拶をしなかったことに腹を立てたみたいですが、
普通に商いをする者だったら、
「あんな態度をとったら、かえって小物に思われる」ことがわかるはず。

本来のビジネス、商売は、客の気持ちを汲んで、
互いの利を得るために動くのがスジのはず。

それなのに、自分を「客」と言って憚らない厚顔無恥な態度。
本来なら、はじめに国が被災した県民に謝罪するのがスジでしょう。
一時が万事で、今の政権の本当の姿を垣間見たようで、何とも情けない気分です。

国民のことは、やはり考えとらんな。
わかってはいたことですが。

写真はヤマガタ・サンダンデロの「岩ガキとモロヘイヤ」。
夏にはぜひ味わいたい逸品です、

松本復興担当大臣の暴言” への6件のコメント

  1. あぁぁぁ~
    これはひどい・・・不愉快。。知事は困ったあげくの笑い顔、元宮城県知事の意見を聞きたいです。なんか気持ちが悪くなってきました。

  2. 応接室で
    相手を待つことなんてよくありますが。
    大臣ってえらいんだなあ。

  3. 禁句ですが
    マスオさん、皆様、
    この書き込みは下の下の下、ですが、書きます。
    ドラゴン大臣は同和出身です。

    では、しばらく謹慎します。

  4. 追放せよ
    正ちゃん帽さん、おはようございます!

    これをアップした時間はツイッター限定くらいでしたが、
    1日経って、エラい騒ぎになってきましたな。

    どういう理由があるにせよ、このような人物は要職の辞任はもちろんでしが、
    政界から永久追放すべきと思います。

  5. ギリギリまで公務を
    あ@花さん、おはようございます!

    知事は定刻に現れたそうですね。
    そもそも知事室と応接室は隣同士だそうで、
    なるべく公務をギリギリまでできるように、そう作られてるそうです。

  6. 謹慎無用です
    お頭さん、おはようございます!

    同和出身で資産家とすると、誰も手を出せなかったのでしょうな。
    この傲慢な態度は尋常ではありません。

    書き込みより、大臣が下の下の下です。
    謹慎は無用に願います。
    すぐにでも、またのお越しを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>