思い出した! 震災当日のJR締め出し


JR東社長が石原知事に陳謝 震災当日の帰宅困難者問題

ニュース画像はこちら

そうだそうだ、思い出しましたぞ。
震災のあった当日、そんなニュースが入ってきて、
焼鳥屋の中で友だちと怒っていたのを覚えてます。

たまたま予約していた焼鳥屋が家の近くだったので、
いざとなったら友だちを泊めるつもりだったのですが、
私鉄各社が動き出したというので、みな早々帰ったという次第でした。

そんな中で、JRだけが早々シャッターを閉めて、その日は終日運行しないと聞き、
「なんじゃ、そりゃ」とあきれたことを思い出しました。
終日運転中止の決定が早かったこと、早かったこと。

JR東日本の社長は、石原知事の前では大人しくなっているのに、
プレス向きの陳謝では横柄に見えたのは気のせいでしょうか。

トップは海外留学でもしていて、外国では有事には略奪があるので、
それにならって、駅構内から人を締め出したのでしょうか。
(そんなことはないと思いますが)。

民営化されたとはいえ、この一件でJRが利用者に顔が向けられてないことが(以下略)。
これはディズニーランドが、利用者以外の帰宅困難者に手厚く開放したのと対照的ですが、
こういう時の対応で、普段何を考えて仕事をしてるかわかりますね。

そもそもJRは列車内の乗り換えにしても、私鉄との連絡が書いておらず、
そんなところにも旧国鉄の遺伝子を未だに引き継いでいるのを感じてしまいます。
(今はどうだったかな。最近、注意して見てないが)。

昔から鉄道は国の要。
ぽっぽやが、そんなことでは困りますな。
なんて今の今まで忘れていたのは、日本人ですわ。
今回の石原さんの苦言は、色々知事に批判はあるものの、
そんなことを思い出す意味でも、よかったのでないかと思います。

写真は有楽町国際ビルのマ・メゾンのトマトソースのニョッキ。
ニョッキとトマトソースは合わないというのが、私の持論でしたが、
それを見事に崩してくれた逸品です。

思い出した! 震災当日のJR締め出し” への2件のコメント

  1. 3月11日の夜に
    居酒屋で飲んでた人を私は二人知ってます。
    一人は画伯。一人はうちの亭主。
    職場に泊まるつもりで飲んでたけど新幹線が動いたので要領よく品川→新横浜という最短ルートで帰ってきて酔っ払ったまんま
    水を六本買って高層階にある我が家まで階段で帰ってきました。
    ことんと寝て夜中の静岡震度六でも起きなかった。
    まったく酒飲みってやつは(以下略)。

  2. 100日
    あ@花さん、おはようございます!

    ご主人と一緒とは光栄ですな。
    実は静岡地震の時も、私は区議と飲んでて先に沈没してました。
    知らなかったなんて、もったいなかった気もします。

    で、実は翌日がクラス会。
    みんな地震でキャンセルしたので、
    ジモティー(死語)4人で、先に予約していた居酒屋に行きましたが、
    そこは私たち4人だけ。
    不味い店だったので、ビール1杯で切り上げて、
    アセナに行きましたが、そこも私たち4人だけでした。

    あれから100日あまり経つんですね。

    それにしても新幹線は動いていたんですね。
    知りませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>