強い弱者、弱い強者


昨日の記事とコメントからの続きです。

「弱者の横暴」という言葉をよく聞きます。
中国や韓国が、ことあることに過去の日本軍の侵略を持ち出すことは、
この言葉が当てはまると思いますし、
労働運動や市民運動は、弱者の横暴というと言い過ぎかもしれませんが、
「弱者」という立場を、最大限に味方につけたものに思えます。
(ある意味、ヤクザ屋さんも元々は弱者だった人たちに思えます)。

それじゃ、その人たちが本当に弱者かといえば甚だ疑問でして、
世界第2位の経済大国に、何で3位の国が経済援助しなければいけない・・・
という、妙な話になってくるわけです。

菅総理も市民運動家出身ですが、
どちらかというと、強い弱者(というと、言葉は変ですが)
の味方という感は否めません。

それでは本当の弱者である、
被災者の方々に味方してるかといえば、見ての通りですね。
一瞬にして、家も故郷も家族も失った被災者の人たち。
突然、弱者の立場になってしまった人たちです。

強い弱者の場合、援助したあとの見返りが期待できますが、
この人たちの救済はそれができないこともあって、難しいのだと思います。

電力による豊かさを享受しながらの反原発デモも、
なにか根っこの部分で近いものを感じるのですが、如何なものでしょう。

さーて、今日は晴天。
みなさん、選挙にはぜひ足を運びましょう!

写真は鹿児島の天文館周辺です。

強い弱者、弱い強者” への2件のコメント

  1. なぜ中韓はいつまでも謝罪を求めるか。大物政治家の面々は上っ面だけ謝罪しておいてじつは全然反省していないことを見抜いているからです。
    なぜ中国に日本は支援し続けるか。中国に進出している日本企業がもうかるのを助けるためです。

  2. 種明かしさん、こんにちは

    すごいお考えですな。
    どう考えるかは個人の自由ですが、
    種明かしにもなってない幼稚な意見に思えます。
    このブログには二度とお越しくださらねばと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>