日本にいてくれて、ありがとう


昨日、再開したジムのジャグジーで正ちゃん帽さんと話をしていたら、
いつも来ていたオーストラリア人が久々に顏を見せました。
この時期に再来日かと思いきや、本国に帰らず震災後ずっと日本にいたんだとか。

「お、えらいじゃん」

(ウソをつくタイプではないので)思わず私たちは彼を賞賛。
彼は「日本が好きだから日本のために日本に居ます」と言ってくれました。
やっぱり嬉しいものですな。

六本木のジムは震災後めっきり外国人の数が減り、
今も相変わらず、来ているのは日本人ばかりですが、
中には帰らずに日本で働く人もいます。

で、そのオーストラリア人のオフィスでは、
日本人と外国人が半々くらいらしく、
逃げ帰ってきた出戻り組と、居残り組とでちょっとした壁が出来てるみたいです。
(居残っていた外国人と、出戻り組の間も含めてですね
 外国人どうしの方が、むしろ溝が深くなっているかも)。

地震と放射線が怖いから本国に戻るというのは、
気持ちがわからんでもないけれど、
実際に逃げられて居残る方とすると、気持ちの良いものじゃないですね。

お隣の大国では、逃げ帰る人で麻布の大使館に長蛇の列ができたと言いますし、
某有名私立大学では卒業パーティに、外国人教師が1人もいなかったなんて聞きます。
でも、いざとなれば外国の人間なんてそんなもの。
この機会に日本人も、
”いざとなれば外国は見放すもの”ということが、よくわかったと思います。
(”地球市民”なんて机上の空論だというのがわかりますし、
 そんな人たちに参政権を与えてはいけませんよね)。

ただ、中には日本にとどまり日本で働きつづける外国人もいますから、
それは本当に有り難い!

これから出戻り組がだんだん増えてくると思いますが、
口では「戻ってくるな」と悪態をつきつつも、心の底では温かく迎えてあげましょう。
彼らもまた、わが国の復興のために欠かせない人材資源に違いありません。

一昨日、大相撲の支援活動で、あ@花さんが募金の際に把瑠都関に何か言ったところ、
あの巨体がその場で破顔一笑。
お隣にいた日馬富士関も、同じように満面の笑みを浮かべました。
戻ってきた彼女に「ばるとに何て言ったの?」と聞いたところ、
「日本にいてくれて、ありがとう」と言ったそうです。

日本でがんばる外国人のみなさん・・・
日本にいてくれて、ありがとう!

写真は声をかけられる前の把瑠都関、日馬富士関。
左で横を向いている力士は安美錦関。

さー、私もこれからセブン区議たちと募金活動に出かけます!
27日表参道交差点で11:00~2:00くらいまで。
お見かけしたらぜひご協力を!

日本にいてくれて、ありがとう” への2件のコメント

  1. 地震は罪な奴
    こんにちは、昨日のあの瞬間はとってもうれしかったです。そしてマスオさんが帰ってから、アビイ(イラン)と葉巻売りのアメリカ人が来ました。日本語ペラペラの彼らは共通して日本に残っているようです。

    まさに

    「日本にいてくれて、ありがとう!」です。

  2. アブラハム
    正ちゃん帽さん、おはようございます!

    おや、アビーはイランに帰らなかったのかな?
    みんなに言われて考え直したのか、お父さんの病気が良くなったのか。
    彼のタイプは簡単に帰らないし、帰っても戻ってくるのはわかってましたが、
    けっこうまじめに受け取ったのかな。

    では、またプールで会いましょう。
    でも油断してたら、また東北で先ほど地震です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>