辛い時には泣き、嬉しい時には笑う。されど・・・


正月は仕事以外の私事で、降って湧いたようなトラブルが発生。
氷川神社のおみくじに”大吉”が出ていい気になってたけど、
(氷川さまのおみくじは、けっこうその通りになったりするのですが・・・)
こりゃ~気をつけていかないといけませんな。

私のブログは、食べに行った写真などをアップしてる関係で、
時々、「いつも、旨いもん食べてていいな」と羨ましがられることもありますが、
ところがギッチョン(表現が古い♪)、
現実の生活はそんなに楽なものでも甘いものでもありません。

そりゃ、トイレで紙がなかった程度の不幸は、シャレで書くかもしれないけど、
誰でもブログにそんな悪いことばかりは書きませんからね。

これは私だけでなく、すべてブログを書きつづけている人はそうだと思いますが、
ブログで発信している情報は氷山の一角であります。
そんなに人生、良いことばかりではありません。

見かけによらずかもしれませんが、私の信条(身上)は、
「辛抱」と「我慢」であります。
(まあ、フランス国旗の自由・平等・博愛と同じで、
 私自身にそれがないから信条にしてるっていうのもありますが)。

辛い時には泣き、嬉しい時には笑うのが、本来人間のありようですが、
そればかりをしては、成熟された大人とはいえません。
まー、全然できていないけど、辛い時に笑うのが大人のありようかな。
痩せガマンも時には大切です(ちっとも痩せませんが)。

そんなわけで、新年の誓いは「辛抱」を身上にして、
こつこつ仕事を積み重ねていきたいと考えております。

・・・え? 
それにしても、それはどんなトラブルだって?

はははは。
それは、ここでは言えませんが、大したことではございません。
お会いした方で、聞いていただけいた方には、ちょっとだけお答えいたしましょう。

また、最近の座右の銘は、人さまの受け売りですが、
福翁の言葉である、
「まずは獣身を養い、しかるのちに人心を養え」でしょうか。

獣身を養うことで、おおかたの問題は解決しますが、
それで解決できないことは、もっと根が深いものですね。

写真はナマコ壁のある、萩の旧市街です。

辛い時には泣き、嬉しい時には笑う。されど・・・” への2件のコメント

  1. 今年も七転び八起きだー!
    画伯 こんにちは!

    私もおみくじ大吉でした。けど 私も正月そうそう、やはり私事でひと悶着あり、ヤレヤレと 少々落ち込んだあとの神社での大吉!

    何が大吉だ!?と思ってると、さすが神様 大吉のおみくじの裏に「神の教」が書いてありました。
    「【死ぬる思いも祈れば神の強い力で生き返る】七ころび八起きという。倒れても起き上がり、ころんでも立ち上がり、力をおとさず、希望をすてず……」
    なぜが、これを読みながら、頭で、巨人の星のテーマ曲が流れ、365歩のマーチも流れ…

    神社の神様、大吉出たのに切れて、大人げなくてごめんなさい。
    そう 血の汗流せ、涙を拭くな、巨人の星を目指すまで…三歩進んで二歩下がっても、進んでいくのでした
    と、正月から さっそくおバカなのりで反省の私でした

  2. ありがとうございます!
    いっちゃん、おはようございます!

    いや~、コメント心に染み入ります。
    ありがとうございます!

    そうそう。
    よく大吉は良くないとか、反対に大凶は良いなんて言いますが、
    何もなしに良いことはやって来ない、また逆も一緒ですね。

    今日は取材をかねて、かみさんと谷中に行く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>