都の規制条例より、”かながわ青少年育成”の方がモンダイ?


昨日は月に1回、色彩会議という勉強会(に銘打った飲み会)に出席。
そこで、マンガの性表現をめぐっての都の規制条例について意見を求められました。

うーん。
これについては静観してたんだけど、正直言ってどっちもどっちだなあ。
マンガも読んだことのない役所の人に、
マンガについてあれこれ言ってほしくないという一方で、
何かあると「言論の自由」をタテにとる風潮も好きではありません。

ただ出版社側とすれば、今まで確保できていた本棚から、
別の変な棚に移されちゃうわけですからね。
言論云々より、ただでさえ出版不況なんだから、
これ以上シノギを減らされちゃかなわんというのが本音でしょう。

・・・というか、問題の肝はここにあります。
売り上げを減らされれば、おのずと文化の衰退になりかねないわけですから。

ただ、性表現については、ちまたに溢れるマンガの中にはとんでもないものも多いそうで、
(実は読んだことありません)
規制というよりは、建て前上「成人指定」みたいなお札を貼るのも、
ある程度は仕方ないのかと思います。
(そんなことしても、何の規制にもなりはしませんけどね)。

個人的には、そんな性表現よりも、
ドラゴンボールの後半みたいに、簡単に死んだキャラクターが生き返って活躍する方が、
もっと根深いところで問題だと思いますが、そんなものに規制をかけていたら、
それこそ「言論の自由」に抵触しますからね。

言論の自由と言っても、練炭自殺の方法や爆弾の作り方、ハッキングのハウツーなど、
公開してはいけないものだって世の中にはある。
もちろん児童ポルノなどは論外です。

一方で役人が税金で智恵をしぼった規制には「???」というものも少ないありません。
昨日、それに関して「都条例など比較にならないくらい凄いのがある」と教えてもらったのが、
かながわ青少年育成指針改定素案で、これはネットで話題騒然になっているそうです。

↓ お時間のない方のために、どこが話題になっているのかをご紹介すると、性表現などについて・・・

<指針の対象>
青少年(0歳から30歳未満の者)が対象。ただし、施策によっては、40歳未満までの者も対象とします。

つまり30歳以下ないし、40歳以下の人間はゲームセンターに行ってはいけないし、
性交渉などみだらな行為もまかりならん、ということですな。
うむむむ。
い、意味がわからん。

これはネットはもちろん、さまざまなところで批判の集中砲火を浴びていますが、
県側の方は直そうという姿勢を見せていません。
神奈川県民のみなさま。
みなさまの税金でこの素案は制作されましたが、感想など如何でしょう。

写真は山形六双図・月山の下絵です。

都の規制条例より、”かながわ青少年育成”の方がモンダイ?” への12件のコメント

  1. 家庭教育
    マスオさん、こんにちわ。
    あーすれば、こーなる、根深い間違いですね。
    何事でも究極は国民度、家庭教育ではないでしょうか?
    マッカーサーが遣ってくれたのは、
    皇室だけを除いた家長制度の破壊。
    敵ながら天晴れです。
    それを知ってか知らずにか、
    左巻きが戸籍の撤廃と夫妻別姓とか。
    これ遣ったら、日本は確実に終わります。

    本来ヒトは獣(アニマル)なんだから、調教が必要です。
    でも、「カッコーの巣の上で」の様な
    ロボトミーまで遣ったら、お仕舞いですね。
    「~育成思案~」はロボトミー化か?
    行政は、そうすれば、楽だわなあ。

  2. Unknown
    ほらほら神奈川県民の私が来ましたよ。
    志は悪くないんでない?
    40歳以下、とかだけ一人歩きしてますが
    正直な話、いくつになっても親に食べさせてもらっている人間はどっちみち実質自由を制限されていますよね。
    その不満を自分で処理できないのなら、自分の手で自立を勝ち取れ。
    そういうメッセージはあってもいいと思うけどね。

    福澤諭吉先生の言葉「まずは獣身を養い、しかるのちに人心を養え」を信じている私としては
    ある一定年齢になっても働かない輩は自衛隊に引き取ってもらえばいいんじゃないかと思いますが、自衛隊だって迷惑だろうしね。
    やっぱりある程度家庭や地域で自助努力しないと。
    「一身の独立なくして一国の独立なし」
    これも福翁の言葉です。

  3. モンダイに託(かこつ)けて
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/264997.html

    ↑これこそ仕分け第一号でなくっちゃ、レンホーちゃん。
    赤い幹事長にキックバックはお幾ら?

    「ベター」空き缶発言、一番じゃなくて好いんですね、
    一応閣内で一貫してますね???
    わっかりやすーい。

    ルーピー氏もゾンビって来るし、
    日本国中年末年始に向けて、
    お花畑で愛でてーこってす。
    来年はいーとしです。

  4. 後日記事に
    お頭さん、おはようございます!

    マッカーサー元帥も”まっさーかー”、ここまで効果があったとは思わなかったでしょうね・・なんて、ウフッ♪
    (すいません、またやってしまいました)。

    私たちの年代は、個性と自由がいちばん大切なんだという教育をされてきた世代ですが、
    私を含めて多くの人は、それをワガママし放題に勘違いしてきたように思えます。
    家庭と国に関しては、後日記事に書いてアップしようと思います。

    都条例も気にくわないけど、尊敬するちばてつや先生も反対なさってるみたいですが、
    反対する方の「表現の自由」もうさんくさくって、
    イマイチ素直に手を挙げる気がしません。

  5. なるほど!
    あ@花さん、おはようございます!

    ようこそ神奈川県民!
    期待通りいらしてくれて、深謝です。

    なるほど、ご意見伺って30代40代の意味が氷解いたしました。
    たしかに、40代という言葉以外、ほかで言ってることはマトモ・・・というか、志はわるくないですね。

    ただ県の条例に「自立せし者」とは書けないのかもしれませんが、年齢制限を入れるところは何ともお役所です。

    福翁の言葉は、今の時代に響く言葉ですね。
    かの秋山好古も「まず飯を食うことから、国家を論ずる」といった考えの方だったようです。

    母方の祖母がよく私に
    「良い学校出て、良い会社入って、良いお嫁さんもらって」
    と言っておりました。
    子供心に「何て下らないこと言うんだろう」と思っていましたが、まずは飯を食えるようになれという意味だったのかもしれません。

  6. 呪縛
    >マッカーサー元帥も”まっさーかー”、
    >ここまで効果があったとは思わなかったでしょうね・・なんて、ウフッ♪
    >(すいません、またやってしまいました)。

    いえいえ、ホントにそう思った節が在ります。
    そして、呪縛は三世代目には薄まるようで、
    繁華街でプラプラしてる若人の中にも、
    世界に向けて毅然と正論を吐く者が居ます。
    一条の希望は有りますので、育てないと。

    然し、それをシープル
    ( Sheeple / 権力に飼い慣らされて快適に生きていることを楽しんでいる人たち)
    化しようとする勢力が在るのも事実です。
    例えば統○教会、今回の都条例はこいつらです。

  7. ツボ商法
    お頭さん、おはようございます!

    おっしゃる通り、三代目になると、
    その前の世代を見直そうという気概が出てくるようです。

    とはいえ、三世目というのは場合によると、
    まったく別物になることもたしか。
    こちらが教育しないといかんのかもしれません。

    先日、友人の高校生の娘に南京大虐殺のうそを話したら、
    腰が抜けるほど驚いてました。

    ところで、例のツボ商法が都条例の元?
    それは本当ですか?

  8. 暗躍
    あの組織が裏で糸を引いています。
    詐欺だけなら大目に見ますが?、
    つぼも買わない人々にまで
    触手を伸ばしてくるのは許せません。

  9. どのように
    お頭さん、おはようございます!

    こちらこそしつこくてスミマセンが、
    どのように都条例にからんでいるのでしょう。

    ご教示のほどを

  10. 単刀直入に
    マニピュレートされてるのは金貰ってる都議ですね。
    ハニートラップとか弱みを握られてる都議ですね。
    それすら自分で気付けないアホな都議ですね。

    次は石原都知事独裁の善悪判断ではマズイ、
    とか何とか言って、第三者機関を立ち上げて、
    奴らで利権独占ですね。

  11. ひとつ分かりました
    ハエのようにあちこちに湧いて出てスミマセン。

    議員にとって一番大切な選挙のとき(ホントは違うだろ、ちゅうの)に、
    ボランティアと称して事務所に入り込み、
    で、候補者本人が知らなくても、
    選挙違反を勝手にしてまでも、当選に導く、
    バレなきゃそのまま、って前田のクラッカー、
    当選者は有り難がり、関係は続く。
    いつの間にか、統一教会の思うがまま、って、
    事実は小説より奇為り。

    マスオさん、セブン区議の事務所には
    怪しい奴、こまったオバちゃんは入れないで下さいね。
    うーむ、無責任に言いましたが、難しいなあ、
    見分けるのって。

    その昔、選挙権が無い千葉のハマコーの手伝いに
    と或る企業から懇願されて派遣されそうになって、
    行っときゃ面白かったな、と今思うアッシです。

  12. セブン区議の事務所には
    お頭さん、おはようございます!

    いや~、変なヤツ入れるなって言われても、
    知り合いじゃない人の方が多いんですから、そら無理でしょ。

    けっこう選挙中の事務所は戦争状態ですから、
    誰が誰なのかさっぱりわかりません。

    こまったおばちゃんらしき人は見かけ(以下略)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>