数学と占星術


昨日の占星術の続きです。
先ずは画像のマンガ(拙著・『マンガでわかる物理のしくみ』より)をお読みください。

物理的には、地球上においては重力の影響が皆無に等しい別の天体の動きが、
人間の運命に関わるのはおかしいじゃないか・・・?
これは私が長年、占星術について抱いていた疑問でした。

一昨日、そんな疑問を占星術師の方にぶつけてみたら、意外な答が返ってきました。
占星術の世界では、星々の重力や距離などの大きさを扱わないそうで、
星と地球の間は、すべて等間隔として考えるんだそうです。

なるほど!
メソポタミアやエジプトが発祥ともいわれる占星術ですが、
その時代に星が地球からどのくらい離れていて、どのくらいの大きさをしているか、
わかっていたはずもありませんからね。

ただこの時代は、天体を読むことによって、農作物の刈入れ時期などを判断していたわけです。
おそらくは占星術も、そんな刈入れ時期に近いものとして、
人間の運命を占っていたのでしょう。
(そうすると私の描いたマンガは、まだ認識が浅かったというわけですな)。

これはある意味、数学の世界に似た抽象的な考え方に近いと思いました。
数学では、大きなリンゴも小さなリンゴ、赤いリンゴも青いリンゴも、美味しいリンゴも不味いリンゴも
あくまで「1コ」として数えます。
占星術でも、水金地火木土天海冥・・・地球との距離はまるで勘定に入れず、
あくまで地球から見た座標で、ものごとを判断するわけです。

占星術はその名の通り、天体の動きを見るわけですから、
世界中の誰がみても出てくる結果は同じです。
するってえと、易者の技量はもちろんですが、占ってもらう方の力も試されるってわけかな?

つまるところ占いというのは、易がどう出ようと、
道は自分で切り開いて何とかしろよって話かな・・・なんて思ったりもしました。

ちなみに私の近しい人に四柱推命好きで、競馬好きの人がいます。
いつもお馬さんの誕生日を四柱推命でお見立てをして、レースを占っているそうですが、
その人がへぼなのか、あまり予想は当たらないみたい。
予想するのは”よそう”・・・なんて、ウフッ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>