千の風になって


昨日、浅間山(せんげんやま)に登った話をしたら、
60代の柔道仲間に「浅間山なんてたいした山じゃないよ」と一蹴されてしまいました。
うーん、たしかに頂上まで2時間で往復できますから、初級の山なんでしょうけど、
あの時に感じた”怖さ”というのは、別次元のものだったなあ。

イノシシが出てくる恐怖?
それもありますけど、やはり「何かある」という妙な感覚でしょうね。

私は普段は霊感のたぐいが働く方ではないのですが、
身内に何かあった時は不思議と、何かはたらくことがあります。

おじいちゃんが亡くなった時、3歳の私は急に鼻血をダラダラ流したそうです。
また、20代の時にインドのコーチンで眠っていた時、
「アンタ、起きなさい! 起きなさい!」という母の声が聞こえたので、
胸騒ぎがして電話したら、丁度その時に祖母が倒れていたことがあります。
(その時はことなきを得ました)。

浅間山で感じた”怖さ”が、それと同じものかどうかはわかりません。
ただ、ちょっと思ったのは、仮に何かいたとして、こちらが怖さを感じたとしても、
それが必ずしも悪いものかどうかは、わからないということですね。
(でもたぶん、頂上で感じたものは”良くないもの”ですね)。

そういえば「千の風になって」という歌がありますが、
個人的にあの歌詞の元ネタは、インドの古代叙事詩「ラーマヤーナ」の後日談、
チャンカナ・シータ(黄金のシータ)から来てると思ってます。

王子ラーマが魔王ラーヴァナを倒し、
シータ姫を救い出し「めでたし、めでたし」と大団円になった、あとの話ですね。
(風の谷のナウシカのヒロイン”シータ”は、ここから来ています)。
シータが先に世を去り、風になってラーマを見守る、そんな美しいお話です。

人の肉体がなくなったあとは、完全に「無」になるという考えもありますが、
それよりは何か別の存在に変わると思った方が、おもしろいかな。

浅間山で見た景色以来、そんなことをここ数日思ったりしています。

画像はみなと荘のベランダから箱根の山をスケッチしたもの。
スケッチブックを忘れてしまったので、普通のノートとシャープペンで描きました。

千の風になって” への4件のコメント

  1. 生きてるうちに
    画伯 おはようございます!

    家族のことなら何か感じる。成る程です。
    幽霊さんとかリアルに遭ったことないので、私もよくわかりません。
    けどやっぱり生きてる時に一番身近な家族に色んな感性を残してあげたいな~なんて思いました。

    画伯が綺麗な夕焼けを見たのだって、その時の夕焼けとお父様とを重ねて心に残せるように、お父様は画伯にそんな感性を残されたのかな…なんて思ったりしてました。

    私も成長した子供らが自分なりの感性が出来るだけ広がってくれてたらと思います。
    どうにもならない何かが起こった時も、それを引っ張り出して乗り越えてほしいと、画伯のブログを拝見して思いました。

    余談ですがイノシシ君、たまに夜中にうちの裏の休耕田に出てきます。ミミズを食べるために土をひっくり返してぐちゃぐちゃにします。どうやらミミズ好き。これもリアルに遭ったら怖いですね

  2. タヌキが出てきてこんにちは
    いっちゃん、おはようございます!

    いや~、夕焼けの話をそこまで解釈されると恐縮です。
    あの時は那須にいて、病院から電話がかかってきたので、
    大急ぎで新幹線でもどったものでした。

    ただ、よく「腫れ男」「雨女」なんて言いますが、人間の力はほとんど天体に影響を与えないというのが私の持論です。
    ただ、たまたま雨や晴れの時にその人が巡り合わさるのでしょう。

    だから、あの夕焼けもたまたま、その時間に自分がいただけなんだと思います。
    いや、それも巡り合わせか。

    イノシシが休耕田に来るとは凄いですね。
    私も以前、横浜の綱島に住んでいた時に、風呂から出たら、
    部屋の中にタヌキがいてびっくりしたことがあります。
    タオルで威嚇してもひるまなかったので、
    仕方なく冷蔵庫からやきとりを出して、外に投げたら出て行きました。
    タヌキは首都圏でも、意外に多く住んでるみたいです。

  3. Unknown
    画伯、おはようございます。画伯にこんな事を言うのためらうのですが、鉛筆で描いた山の稜線・・目を細めて見るとその場にいるかのごとく臨場感が漂ってきています。

    わたしには霊感等はありませんが、けれど危機管理能力はあります。この人はヤバイとか・・ヤバイ場所だとか・・生きている狂人が一番怖く、ホームの端では、いつ突き落とされるかわからないのでビビッてます。

    昨日はお疲れ様でした。段取りをしていただいた画伯とリリィさんにありがとうです。

  4. 昨日は
    正ちゃん帽さん、おはようございます!

    いや~。お誉めいただき恐縮です。
    自分では臨場感が足りないと思っているのですが、それは実際の風景を見ていたせいかもしれません。

    昨日は楽しかったですね。
    あれから私は8時くらいに爆睡。
    10時くらいに起きて風呂に入り、さらにまた寝てしまいました。
    またご一緒に遊びましょう。
    今後とも何卒よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>