病院との往復です


昨日も病院との往復でした。

壁画の経過をクライアントにお見せする予定が入っていましたが、
完成品を持っていくわけではないので、
肝心のポイントだけを押えて描いたものを撮影し、
近所のサービスショップでプリントアウト。
(自分のプリンターで印刷するより、色調がきれい)。

お! なかなか良い感じだぞ。
でも、クライアントは何て言うだろ?

せっかくなので、病院の母にはじめて絵を見せました。
母いわく、「色が地味ねえ」。

ウーム。
そりゃ内装に合わせて描いてるんですから、いつもの私の色調とは違いますよ。

「でも、なかなか良いじゃない」

お。ありがとうございます!

「こりゃ、大変だ。
 まあ、がんばりなさい」

はいはい、仰せの通りにいたします。

「まあ、年食ってくると、色々あちこち出てくるわよ」
 アンタもいびきと睡眠時無呼吸、医者に診てもらわないとダメよ」

うむむ。
自分が入院していて、ひとの心配ですか。
親というのは有難いというか、何というか・・・」

ところで、睡眠時前の歯磨き法。
最近、毎日家内に聞いてますが、だいぶいびきは小さくなったとのこと。
次はアゴまわりのダイエットです。

写真は朝倉めぐみさんにいただいたシトロンコンフィ。
彼女の大好きな調味料ですが、まわりからはイマイチ不評とのこと。
これから肉料理に試してみる予定です。

病院との往復です” への8件のコメント

  1. よかったです
    お母様、お元気そうで何よりです。
    それにしてもいくつになっても子どもは子ども。
    うっとうしいくらい心配するのが親。
    まあ、ありがたいですね。

  2. Unknown
    画伯、こんにちは。

    うちの親も同じです。
    元気でやってることが解れば、安心してます。
    私にとっても安否の確認できれば、お互い一先ず安心してますね。

    ところで「年とってくると、色々あちこち出てくる」って言われたお母様の言葉、うんうんと納得の私。これ自分にもいえます。
    40歳前後の検診で「なんじゃこりゃ!」って物が見つかりビックリのことが。経過観察でOKですが、多かれ少なかれ色んなもの身体の中で製作してますね(笑)。

    朝倉めぐみさんは、ポイントをしっかり押さえて、楽しみながら食べることを楽しんでいらしゃるようですね。
    ネットで、食事について留意しておられる事柄や調理するときのポイントを拝見しました。
    ご自分の持病と上手く付き合いながら楽しむこと続けられるっていいですね。

  3. Unknown
    いや~
    この夏の我々親子のやりとりを
    呼んでいるようですよ(笑)

  4. いくつになっても
    あ@花さん、おはようございます!

    メールでもご連絡したように、母は心配ありません。

    それよりも元気になってからのお小言が心配かな。
    ほんとにおっしゃる通りいくつになっても、ですね。

    ともかくも、お声かけていただき
    ありがとうございます!

  5. あだなはイカル
    いっちゃん、おはようございます!

    いつもお気にかけていただき、ありがとうございます!
    いっちゃんのところは、男の子3人でしたよね。
    「ゲゲゲの女房」では、竹下景子さんが村井(水木)三兄弟の母親役をやっていましたが、あだなはイカル。
    きっと、いっちゃんも色々言われてるんではないでしょうかね~(笑)。

    うちも母親の言うことはある意味、絶対です。
    ともかくも経過観察は気になるところ。
    想像するところ大過はないように思えますが、
    どうぞお体を大切になさってくださいませ。

    朝倉めぐみさんは、透析をはじめてから楽になったそうです。
    週に3回、4時間の透析は大変ですが、
    それよりは週に21回の食事が楽しく過ごせる方が大切なんでしょうね。
    ちなみに彼女、自分の似顔絵にそっくり。
    私の似顔絵も同書に出てきてそっくりだそうですが(私は似てると認めない?)、うむむむ。

  6. ありがとうございます!
    かよままさん、おはようございます!

    ううむ。
    おかあさまのご様子が目に浮かびますなあ。

    それにしても、人の親とはいえお元気になられたのは嬉しいことですなあ。
    親の長生きを願う今日この頃です。

  7. あだなは・・・
    画伯 こんばんは!
    鬼婆と思っているかもですね。ええ!紛れも無く鬼婆ですが(笑)
    で、私の子供のころのあだ名(略称?)は、いっちゃんです。
    老犬いっちゃんが我が家に来たとき、子どもらにの名前を考えさせたら、いっちゃんになり・・・。

  8. オニババか、おにばば
    いっちゃん、おはようございます!

    いや、鬼婆じゃなく、”オニババ”か”おにばば”でしょ。
    (なんか生はげみたい)。

    でも大丈夫!
    まともに育てば息子は女親にはやさしくなるものです。
    ともかく母親はゼッタイですよ、息子にとっては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>