平和を呼ぶ”はやぶさ”のデータ


昨日は丸の内で勉強会でした。
講師は”はやぶさ”のJAXA(宇宙航空開発研究機構)のスタッフ、海老沢研氏で、
宇宙に関する興味深い話が聞けました。

聞いて面白かったのは宇宙衛星などで得た情報というのは、
かなりの程度オープンになっているということです。
同じ科学の分野でも核開発などは、情報は厳重に管理され(当たり前ですが)、
門外不出になっているのに比べて、
宇宙開発の分野はアクセスすれば、いつでもデータを見ることができ、
世界中の科学者が、そのデータをもとに研究を発表しているんだそうです。

宇宙衛星の寿命は短くて1年。長くても10年がいいとこだそうですが、
データというのは半永久的。
情報が共有できるということは、
互いの抑止にもなるので、平和への貢献もできるとのこと。
うーん、たしかに。
「戦争ない世界。平和な世界を願い」なんて教えるより、
そちらの方が現実的かもしれないな。

それにしても、はやぶさに入っている物質。
どんな結果が出るのか楽しみでもあります。

講義のあとは懇親会。
二次会にはひさびさに有楽町の洋食バル マ・メゾンに行きました。
昨年末くらいは、良い店なのにいつ行っても閑古鳥が鳴いていましたが、
この日は9時頃に行って、はじめは店に入れず外のテーブルでした。
スタッフも増えていたから、ホントに忙しいんだね。

これもひとえに私の絵のおかげ(画像)・・・じゃなくって、スタッフの努力の賜物ですね。
海老沢先生をはじめ、一堂みな楽しく立派な酔っ払いになっておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>