相撲界のゆとり教育か


ワールドカップの裏番組ではありませんが、
連日の大相撲の野球賭博報道に、ひとりの相撲好きとして辟易しているこの頃。
今日は暴言を書きます。
ご批判は甘んじて受けますので、どうぞ書き込みたい方は書き込んでください。

いや、もちろん暴力団がらみの賭博なんてとんでもない。
そんなことに手を染めて、ここまでマスコミ沙汰のなるなんてバカ過ぎるにもほどがある。

だけど、だからといって関取は世の中の見本にならなきゃいかん、
国技は清廉潔白でなきゃいかんと、すべてをあぶり出してしまうのは如何なものか。
また溺れる犬は石で叩けと、力士たちを叩いて叩いて叩き回る報道風潮は、
景気が悪化してきたせいも加わって、何かに取り憑かれているような邪悪ささえ感じます。

賭博をやった力士をつるし上げるのは仕方ないにせよ、
暴力団側の方をもっと取り締まるべきではないでしょうか。
以前、姉歯建築士の偽装問題で大騒ぎになった時、
建築規制が異様に厳しくなり、仕事がまわらなくなったのを思いだします。

昔、女性の大阪府知事が土俵に上がる上がらないで論争になった時、
親爺が言ってましたが、
「相撲界なんて、未だにチョンマゲ結ってる世界なんだ。
 あんまりつまらんこと言うな」てね。

親爺も暴言の多かった人で、
「相撲取りが利口な必要なんかない、インテリ力士なんてダメだ。
 お相撲さんはバカでもいいから、力が強くて
 ”ごっちゃんです”と言ってりゃいいんだ」とか言ってました。

また物言いがあると、
「あの会話を録音して聞いてみな。
 ”いや、出た” ”いや、出ない” ”いや、やっぱり出た” ”いや、やっぱり出ない”
 程度のボキャブラリーしか使ってないぞ」
なんてことを、相撲が大好きだったくせに言ってました。

親爺が生きてたら、稀勢の里なんて大好きだったろうな・・・
親爺の好きな力士の条件に(以下略)

以前、さる大横綱だった大御所親方が、武蔵丸らハワイ勢と日本人力士を比べ、
「ハワイ勢は大したもんだ。連中にはハングル精神がある」
と言って、アナウンサーを沈黙させていたことがあります。
(あ、ハワイなのに何で”ハングル”かって? 単純にハングリー精神の間違いですな)。

もちろん「横綱の品格」みたいな指導や教育がいらないとは言わないけど、
そればかりにこだわって、相撲全体が弱くなってしまっては本末転倒です。
何でお相撲さんにそこまで品行方正さを期待するんだろう。

なんか、今の騒ぎの果てに出てくるのが、「相撲界のゆとり教育」みたいなものに思えます。
そんなに相撲取りを優等生にするのに、何の意味があるんだろう。
まあ、だからって暴力団がらみの賭博が許されるはずもないんだけどね。

写真はこれから制作する作品のパネル作り。
ベニアと木材を密着させるのに大切な画集を使ってしまいました。
画集が一番重たいもので、何ともお恥ずかしい・・。

相撲界のゆとり教育か” への8件のコメント

  1. ほんとにさ
    「みんな違ってみんないい」とか言っている人々が、力士にまで自分達と同じ道徳を求めるなんて本末転倒だと思うんだよね。もともとふつーじゃない人たちなんだから。じゃなきゃあんな仕事できるかよって感じ。
    まあ闇社会にお金が回っちゃったのはまずいと思うし、そこは総身に知恵が回りかねたかもとは思う。それにしても文部科学省うるさすぎ。別に助成金入れているわけじゃなくて税金おまけしているだけなのに。でも一般の人はそこもカンチガイしていて「力士は税金で食べてる」とか思ってたりする。一度でも国技館に足を運んでから文句を言え!
    すっとしました。帰ります。私のブログでも大相撲改革論やっているから見にきてね。

  2. この恐ろしい稽古が、世の中に出たら何の役にも立たない
    あ@花さん、こんにちは!

    ほんとにそうですね。
    「みんな違っていいよ」って言う人が、なんでお相撲さんに同じこと求めるわけかね。

    昔、高見山が言ってたけど「四股やテッポー、股割りなど、この恐ろしい稽古が、世の中に出たら何の役にも立たない」って。

    それこそ上に上がれず廃業した力士は、ヤクザの用心棒にでもなるしかない人たちだって大勢いるわけでしょ。相撲界を弱体化させたら、そんな人たちがいっぱい闇に走るよ。

    文部科学賞は、官庁の中ではいちばん発言力が低いんで、やたら傘下にある大学だのといった組織にうるさく言うんだって聞いたことがあります。昔、芸大がセンター試験だかの評価を、まるで見ないで学生を入れるんで、チャチャ入れたらしい。芸術家育てる大学に9教科全部できる必要があるかって。相撲界に口出しも同じリクツですね。

  3. ご立腹なのに笑ってしまい・・・
    ハングル精神とお父様の話、大爆笑してしまいました。母が父の心臓の手術中「伯母ちゃんは心臓にヘルスメーター(正:ペースメーカー)を入れたんよ」と言って、待合で不謹慎にも笑い転げてしまったのを思出しました。 
    夫はニュースに【野球賭博に詳しい人】が音声変えて出てくるたびに「このひたぁー(この人は)なんで詳しいんなら」その他モロモロの突っ込み呟きが。横で爆笑の嵐です。今も存命していますので、内容は伏せておきます(笑)
    けど去年、地元からあの部屋へ入門したあの子はどうなるのかな・・・親御さんはさぞ成り行きが気になられるだろうな。。。

  4. Unknown
    今回相撲賭博が明るみに出たのは、恐喝の金額が300万から1億に跳ね上がったため、「そんな大金を払うくらいならいっそ…」って事ですよね。
    私が得た教訓は、「他人を強請るときは、欲をかいてはいけない」です。(笑)

  5. ほどほどにしては
    マスオさん、こんにちわ。
    昔々のそのまた昔、祖母に連れられていった国技館には、
    墨の入った観客も普通に居ましたが、別段怖くありませんでした。
    また、相撲に限らず、興行に任侠(≒やくざ≠暴力団、マフィア)の皆さんはつきものです。
    堅気に手を出さなければ、必要悪だと思います。
    殊更言い立ててるのは、裏が有ります。
    パチンコは警察利権ですが、ちょうど相撲が今度は狙われた、のかな?
    もっとトンデモ話をすれば、ニッポンを一つ一つ貶めるているんでしょう。
    アッシの見る限り、どこかの放送キー局は、少数とはもう言えない左巻きと、
    高偏差値だけの多数のノンポリしか居ません。
    我々普通の人々(アッシはバカですが)に対しての正義の味方は、居ません。
    悪貨は良貨を駆逐します。
    どんどんニッポンの伝統(相撲)に嫌気が差すように仕組まれています???
    氷川神社の祭礼に子ども神輿がありますが、学校内で御霊入れはPTAが拒否です。
    意味ネーじゃん。

    「 田や沼やよごれた御世を改めて 清くぞすめる白河の水 」
    を目標に先(せん、と発して下さい)の戦争からこっち65年間浄化してきましたが、
    気が付けば、
    「 白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき 」
    ということなんではないでしょうかね???
    ヨードで皮膚表面の菌という菌を殲滅しなくては為らない時もありましょうが、
    鉄道のつり革をいちいち消毒するのが正義、みたいなこと、
    再考しないと取り返しがつかなくなりますね???

    蒸し暑いので、むしゃくしゃすることを書いてみました???
    バカな振る舞い、ご容赦下さい。

    あっ、もう一言。
    八百万の神の国で、二大政党がベスト、という考え、バッカじゃないの???

    スイマセン、謹慎します。

  6. 我、十五で学志す
    いっちゃん、おはようございます!

    洒落にならない話ですが、笑っていただきありがとうございます。この親方はあの兄弟横綱の叔父にあたる方ですね。ただでさえ横文字などわからない年代な上に、お相撲さんでしたから、まあこれはご愛嬌というべきでしょう。

    論語にも「我、十五で学志す」とあるように、相撲取りの理想は中卒で入門して出世することです。この叔父さんの甥っ子大横綱も、中卒で大出世しました。相撲は学問ではありませんが、人生で何かを目指す時は不思議と今も昔も15歳前後で、この大切な時期に相撲一途でやってきた人たちに、一般教養を身に付ける暇はありません。
    相撲界をバッシングする人たちは何をどう力士に期待してるんだろう?

  7. はちなな大関
    zoomaniaさん、おはようございます!

    うーん、300万が1億になったから開き直っちゃったのか~。
    毎場所8賞7敗のギリギリで地位を保つ、はちなな大関のみっきらしい選択ですな~。

    私同様にお相撲好きの、あ@花さんは”暴力団に脅されてビビるなんて相撲取りの風上にもおけない”とお怒りでしたが、私も200%太田同感でした。

    おもしろい情報ありがとうございました。

  8. 過剰なドブさらい
    おおお、お頭さん。おはようございます!

    いや~、素晴らしいコメント、ありがとうございます。
    反社会的なことに足を突っ込んでる相撲界を擁護するようなコメントを書いてしまったので、バッシング覚悟でしたが、よくぞおっしゃってくれました。

    そうなんですよ。
    ドブ泥に足を浸かっているのは、芸能界も同様なのに(アゴまで浸かってる?)そちらの方は何も言わない。

    昔からヤクザが自分たちの存在理由を主張する時、「いつの世にも、社会からはみ出してしまう人間はなくならないもの。任侠はそういった連中を束ねて、堅気衆に手を出さないようにしている」と言います。
    そのリクツはたしかに自分たちの都合ではありますが、一面の真実でもある。あらゆる興業にヤクザがからむよう、相撲界もまた同様のところがあることはたしかです。

    川の堤防は決壊しやすい場所をいくつか、必ず設けておくのが基本ですが、私は暴力団も同様だと思う。いないのが理想だけど、そうはならないのですから。

    今回の賭博騒動は相撲界にとっては、もしかすると致命的な一撃かもしれません。相撲界内部から「徹底的な追求を」なんて言ってますけど、やっぱりこの人たちってアタマが働かないんだよね。そこまでドブさらいして、栄養分まで取ってしまったらどうするの?

    なんか過剰な健康診断で、かえって体を悪くする患者さんを想像しますが、これって不謹慎でしょうか?

    お頭さん、謹慎するなんて言わず、また来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>