ジェイミーの家


先日はフーディーズTV放映中の
ナイジェラの気軽にクッキング」について書きましたが、
その前の番組「ジェイミーの家」もなかなか面白い。

ただ前の記事では、番組の面白さを褒めるより、
料理のことをボロクソに書いたように思われたのか(まあ読み返すとボロクソですが)、
「イギリス料理は決して不味くない」というご意見までいただきました。
いや、失礼いたしました。

そーですね。
正直なところ、私はナイジェラの料理が美味しそうには思わないけど、
少なくともジェイミーの料理、出来上がりは旨そうに仕上がってますね。
(とってつけたみたいですが、前回、それを言わなかったのですな)。

ただ、その間の作る過程が手でグチャグチャ混ぜたり、
フードプロセッサーで、ガーっと攪拌したりと、
いかにも白人好みの大ざっぱさなんだよね。
このあたりは突っ込みどころ満載で、わが家はそれを見るのが好きで、
夜遅く(といっても12時過ぎくらい)まで起きていたりします。

またペースト状にするのが好きなのは、ユダヤ料理の影響かもしれません。
(あのニューヨーク・デリも実はユダヤ料理がベース。
 たしかに連中、商売の天才です)。

うわ~、またペーストかと思っていると、
カネロニ(マカロニのお化け)に詰めてオーブンで焼く。
出来上がりは不思議と旨そうに出来ている。
材料もジェイミーの農園で採れた野菜だから、安心だしね。

アングロサクソン系の料理。
実は古代ローマの遺伝子が残されているといいます。
ジェイミーの料理も実にワインビネガーを多用します。

古代ローマ料理のベースは、ハチミツとリンゴ。
それにガルムという古代の魚醤がベースです。
今のイタリア料理は、当時の面影は殆どないらしいけど、
ローマの影響を色濃く受けた北部ヨーロッパは、
甘酸っぱい味がベースの古代ローマ料理の名残があるんだとか。

写真は本文とまったく関係ありませんが、
台湾の花蓮の市場で見かけた鶏さんたちです。

ジェイミーの家” への2件のコメント

  1. 料理番組
    画伯こんにちは!
    我が家の夫も時々料理番組みてます。理由を聞くと「おもしろれーで」とか「うまそうなどぉ」(広島弁)といいます。かといって作ってくれる訳ではありません。だとすると、私に「作ってくれ」という無言のメッセージだったのか・・・。
    今度「作ってみて」と言ってみよ!

    豚さんに続いて、鶏さんの画像。私の友人は鶏の皮が苦手です。子供の頃、家にいた鶏を・・・のパターンです。
    苦手なくせに、血抜きがどうの、走らせると不味くなるなどと、結構リアルに教えてくれす。思い出すから言わなきゃいいのに、説明しながら「ひえ~」とか言ってます

  2. 吊り下げられた牛
    いっちゃん、おはようございます!

    ご主人がどんな方だかわかりませんが、口調からして、作って欲しい時ははっきり言いそうな感じの方ですね。
    たぶん、「おもしろれーで」や「うまそうなどぉ」は、見たまんまの反応ではないかと思います。直接、どう思っているのかご主人に伺ってみては如何でしょうね~。

    鶏さんの画像、そういえば豚さんに続いてですね。
    フランシス・ベーコンという画家が、吊り下げられた牛をモチーフに数々の作品を制作しましたが、私も市場で吊り下げられた肉を見ると撮らずにいられなくなります。
    また、次回アップするかもしれませんので、お楽しみに~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>