南インドの生ウニ堪能記


20年以上前になりましょうか。
南インドのコーラバム・ビーチという海岸で、
インド人にしても色黒で目つきのわるい男につきまとわれたことがあります。

男はインド客引きの例にたがわず
「ダラーチェンジ」(ドルの闇両替)
「ジキジキ」(売春の斡旋)
「ハッパ、ハッパ」(これは日本語の葉っぱ。麻薬の斡旋です)。
など、あの手この手と近づいてきます。

はじめ私は無視して歩いていたのですが、
そのうち「ウニ、ウニ、タベルウニ」と、どうやら日本語らしき単語を言います。
ふと足を止め、「何だ、ウニって?」とたずねてみたところ、
男は漁師でウニやカキ、魚を捕って生計をたてていることがわかりました。
目の前でカキやウニを捕ってくるから、食べてみないかというのです。

毎日のカレーにうんざりしていた私は、
採りたてだから大丈夫だろうと思い、男に採ってもらうことにしました。
はたして男が素潜りで採ってきたウニはムラサキウニに似た、
それがゲンコツのような立派なウニでした。

ところがところが、口にするとそれがちっとも旨くない。
吐き出すほど不味いわけじゃありませんが、ウニ独特の濃厚さも味もない。
味のついてないプリンを食べる感じかな。

帰国してその話を水産会社に勤める友人にしたところ、
「そりゃ、そうだよ。ウニっていうのはコンブを食べるからウマミが出て美味しいんだ。
 そんな南の海で、何食べてたかわからないようなウニが旨いはずはないさ」
 腹をこわさなかっただけ運が良かったんじゃないか」とのこと。

考えてみれば、飲みすぎたり食べ過ぎたりすると、
より、をじさんの体臭をかもしだしたりいたします。
臭いのがわるいとばかりは言えませんが、これで食べ物というのは、
体にとって即効性があるものと考えて良いでしょう。

そういえば最近、アメリカで育てられている遺伝子組換えのトウモロコシを食べた人が
「ベエッ!」と吐き出してる様子をテレビで見たことがありました。
なんでもチョークを食べてるような食感なんだそうなんです。

いくら飼料にするとはいえ、そんなコーンを食べた牛さんや豚さんが体に良いとは思えません。
私が5年に1回もファストフードを食べないというのも、そんなわけもちょっとある。
マク○ドナルドなどでも、食べると必ず胃がもたれてイライラする。
胃腸は丈夫なはずなのに・・・いや、ホントは胃が弱いのか?
なんて、余計なことを考えてしまうのですが、
やはりファストフードは、こうした肉や水素添加した油を多用しているはずで、
その点では妙な油が体に蓄積される。

同じムダ肉をつけるなら、少しでもマシな脂でムダ肉を作った方が良い・・・
なんてことを考える今日この頃です。

写真は銀座で見かけた氷点下のスーパドライ店。
一度くらいなら試して飲んでみてもいいけど、何となく気にくわない企画だな。
すげー行列してたけどさ。

南インドの生ウニ堪能記” への4件のコメント

  1. ソールフード
    いつぞやあるお勉強会で、篭る子にどこ行きたいか聞くと、マックと答えるこが結構いると。その先生「若者のソールフードなのな・・・」とおしゃっていましたね。て言うかイメージなんでしょうね。そこへ行くことが目標なのかな。何だか切ない気もち。

    ところでウニ、とげとげがあるのと、馬糞ウニというウニは知っています。馬糞ウニを海で獲ってたべたことがあります。凄い濃厚でした。味のないプリントではなかったですね。

    学生の時 山口県の青海島の友達の所で地元の漁師さんが行くというお寿司屋さんに連れていって貰いました。本当に美味しかったです。中でもウニは最高でした。あれから あんなに美味しいウニには巡り合ってませんね・・・老後の楽しみに取っておきます。

    ところで食通でらっしゃる画伯は上質のお肉が・・・

  2. 上質のお肉
    いっちゃん、おはようございます!

    うーん。どういうわけか若者はマック好きですね~。私の年代ですと、物心ついた時にファストフードがあったわけではありませんが、はじめてマックを食べた祖母が「脂が悪い!」と一刀両断にしていたのを覚えています。

    バフンウニは名前が馬糞、トゲが短く本当に馬糞に似た姿をしてますが味は最高ですね~。味も最高級ですが、市場価格も最高級なようですよ。

    >ところで食通でらっしゃる画伯は上質のお肉が・・・

    家内はよく私のわき腹を掴み、「何だ、これは?」と怒ります。

  3. エクストラ・スーパードライ
    ゆきさん、おはようございます!

    銀座に出来た、新しいビールの飲み方を提供する期間限定のお店だそうです。
    このコメント欄では、そのURLがアップできないので、「エクストラ・スーパードライ」で検索してください。

    気にくわないけど、一度は飲んでみるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>