堪能故宮 in 台北

 

本の中身はこんな感じです!

 

この本は2007年にこけら落としをした
台湾の故宮博物院の大規模リニューアルに合わせて発刊したものです。

故宮のコレクションは歴代中国皇帝が、

その座を明らかにさせるための、いわば三種の神器にあたるもの。

その数千年にわたる壮大なコレクションを、

脳天気なイラストと文、そして気楽なマンガに集約した

ウルトラCの美術書と言えましょう。

 本編は見てのように、ほとんどイラストで構成されてます。

いわば魚介などの図鑑は、イラストで描かれているように、

解説するには絵で描かれている方がわかりやすいのです。

全部見ると一生かかるという故宮博物院ですが、

それを半日で見ようという無謀で楽しい企画!

中国の歴史をダイジェストで知りたい方にもオススメします。

「堪能ルーヴル」もお忘れなく!