寒中お見舞い申し上げます


新年を迎えました。
昔から「正月は冥土の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし」と言いますが、
本年元旦は、小暮家にとってまさにそんな感じです。
ともかくも今年は大きな変革の年になることは間違いありません。
気を締めて新しい年に向かいたいと存じますので、
みなさま本年も何卒よろしくお願いします。

昨日の大晦日は近所のスーパーで買い物を済ませたあと、
赤坂の 涵梅舫で食事をしました。
嵐が来そうな本年、せめてもの贅沢です。
冬のコースと銘打たれた、体の暖まる薬膳風の中華でした。
1、豚バラのスペアリブ、クラゲ、中国湯葉の重ね煮、豚の煮物といった冷製四品盛り合わせ。
2、フカヒレ、特製豆腐入り澄ましスープ。
3、牡蠣の唐辛子炒め、揚げ車海老の黒豆炒め。
4、東坡肉の蒸しパン付き。
5、海老、イカ入り豆腐の辛味あんかけ。
6、塩漬けカモの卵黄カボチャ炒め
7、黒豆とシシャモの炒飯
8、デザート
この写真のコースが一人5000円というコストパフォーマンスの良いもの。
食べて驚くのは、コースの組み立てで、
アッサリスープのあとに、辛味の海鮮で食べる者を驚かせ、
そのあとでサッパリ味の豚バラ煮込み(なぜかこれがさっぱり味。油気が抜けて美味!)を出すといったもの。
見た目と反対の味つけで、楽しませてくれるというわけ。
中でも5の海老、イカ入り豆腐の辛味あんかけは、
ぱっと見デザートのようなのだが、これが濃厚きわまりない。
中華スープと杏仁豆腐風の中華豆腐、海老、イカに辛味の辣油が相まって、えも言えぬ味わい。
さすがに西太后が食したという北京宮廷料理は底知れぬ奥の深さ、懐の深さを感じてしまう。
いや、けっこうなお点前でございました。
今年も時々はこんな食事を楽しみたいものですが、それとは別にできる限り仕事に集中する所存です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>