祖父・小暮房太郎さん

昨日、銀行の凍結が解除された。
ご存知の方も多いと思うが、銀行は口座の名義人が亡くなるとわかると、即座に口座を凍結する。
うちももそれは知っていたので、はじめから少しずつおろしていけば良かったのだが、
親爺の場合、また退院できると思っていたので、それを怠ってしまったというわけだ。
葬儀やら何やらで、物入りの時に口座を使えなくさせるなんて、
いかにも晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる、銀行さんのやりそうなことだが、
悪いヤツが勝手にお金をおろす可能性もあるわけだから、
銀行の立場としては、それもいたしかたなしといったところか。

ただ、いくつかある書類さえそろえれば、即日お金はおろせるようになる。
(それが、いかんせん面倒くさい)。
中でも、「15歳から死亡時までの一連の戸籍謄本」というのが面倒で、
大抵の人は引っ越しのひとつやふたつ、経験しているので
複数の市役所や区役所をまわらないといけないわけだ。
で、先週から今週にかけて、合間を見て書類を取りに行っていた。
親爺は浅草生まれで、江戸川区の平井に住んでいたことがあったので、
赤坂支所以外では台東区役所と江戸川区役所に行けば、すべて書類が揃うはず・・・そう思っていた。
ところが江戸川区役所で謄本を見たところ、栃木県佐野市という、
今まで、うちとは何の関係もなかった場所に親爺の戸籍があるとわかり、びっくり!
郵送で取り寄せられるというので、先週の終わりに市役所に電話して方法を聞き、
お願いした書類がようやく一昨日、実家に届いたのだ。

親爺は佐野で暮らしたことはなかったみたいだが、亡くなった親爺の姉さん(私の叔母)が、
一度佐野に養子に出されたものの、先方の家で長男が生まれたのだ出戻ってきたという、
色々ややこしい事情があったようだ。
さらに戸籍謄本を見て驚いたのは、今まで聞いたことのない親爺の兄弟が2人もいたことと、
42歳で早世した父の父(私の祖父)房太郎さんが、父の母(私の祖母)と結婚する前に
誰かと離縁していたらしく、それも戸籍に明記されている。
いや、親爺と違って房太郎さんは、粋な遊び人だったと聞いていたが、
世の中、知らないことは多いものである。

ところで佐野市役所の電話で話をした担当者はコグレさん。
もともと木暮や小暮は栃木の名前なんだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>