大相撲初場所に行く


昨日はクライアントの友だちと大相撲を観に行く。
前に見たのは15年くらい前だろうか。
マスで見るのは初めて。
国技館も改装したらしく、まったく初めて行ったような感じだ。

いや~、昔は大相撲は旦那衆が身上を潰す道楽と言われたもんだが、
今では枡席でも1万円しないんだから(席による)時代は変わったもんだ。
それにしても、相撲というのは究極の見せ物。
相撲とは、言うまでもなく人間ばなれした巨漢が肉体と肉体をぶつけ合う格闘技だ。
当の本人たちが必死で勝負している姿を見ながら、客は飲み食いして歓談するだから、
まあ、やっぱり旦那衆の道楽なんだよね。
こっちは客なんだからいいんだけど、こんな贅沢な時間があるかってカンジだね。
勝負もつまらない一時期に比べると、良い取り組みが増えてきた。
昨日は何と行っても白鵬vs安馬で、白鵬に土をつけた一番。
また琴光喜の上手さにも感心。
生で見ると、立ち会いの呼吸が直に感じられて、より面白い。

それにしても外国人力士の増えたこと。
肌の色が違うので、それも面白さのひとつだ。
ダントツに強いのはモンゴル勢。
それこそ「元」の時代は、朝青龍や白鵬みたいな将軍がいたのかもしれない。
あの広大な中国大陸を征服した人たちだから、強いわけさね。
朝青龍のオーラは際立っていて、嫌われながらも第一人者だと認めざるを得ない。
強いぞ、朝青龍!
また見たくなったと言ったら、
今度の5月場所、クライアントさんと一緒に行く約束をしてしまった。
楽しみですな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>