祇園精舎の鐘のこゑ

ベトナム&カンボジアの旅行、無事終えて今朝帰りました。久々のブログ更新。
日本はずっと雨だったようだが、東南アジアは雨期にもかかわらず雨は殆ど降らず。連日36~7℃の暑さの中、歩きまわっていた。インドで下痢をしなかったのに油断して、果物や生野菜、氷をバリバリ食べたのがたたり、下り腹の毎日でした。旅慣れてる、なんて妙なうぬぼれがあったのがまずかった。己の慢心を反省です。
ベトナムも面白かったが、それにしても素晴らしかったのはカンボジアのアンコール遺跡だった。 
平家物語の冒頭、
「祇園精舎の鐘のこゑ、諸行無常のひびきあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす」
あの「祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)」がアンコールワットだというのは、単なる俗説だと思ってたが、平安時代の建造ということや、あの規模の大きさを考えると、「祇園精舎=アンコールワット」と確信した次第だ。
まあ、旅行の話はおいおい書くとして、とりあえず無事に帰ってこれて良かった。疲れたので、今日はもう寝ます。

祇園精舎の鐘のこゑ” への2件のコメント

  1. おかえりなさい~♪
    ベトナム、カンボジアは、暑かったですか。

    画伯留守中、日本はほぼ雨続きでありまして
    エアコンも使わずに済むような気候でした。

    さる、私の良く行くサイトでは
    地球が温暖化する→高温多湿化→雨ざあざあ
    →エアコン使わないくらい日照時間減る
    →温暖化ニブる
    というわけで、この大雨は地球の復元力、自動リカバリ機能ではないかと。
    欧州見てると今年は暑い夏みたいで、当てはまらない気もしますが
    自動復元力があったら何と素晴らしいか…と思ったりした、誕生日の朝…

  2. Unknown

    かなこさん、ただいま&☆歳のお誕生日、おめでとうございます!
    インドシナ半島は雨期にも拘わらず、私たちは一度も傘を使うことなく過ごすことができました。その分暑かったけどね~。
    父の話だと気候というのはカオス理論により、ある程度以上の予測が難かしいそうですよ。極端なことをいうと、蝶の羽ばたき程度のエネルギーで、雨風ができるか晴れるかくらいの大きな誤差が出るそうです。
    今日は晴れそうで、洗濯物がよく乾きそうですね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>