続・ホリエモン逮捕に思うんだが

昨日のテレビでは、ホリエモン六本木御殿から東京拘置所と、その転落を面白そうに伝えていたが、あろうことか、鈴木宗男にインタビューして拘置所生活のレポートをさせていた。マスコミも簡単に人を持ち上げて、昇ったハシゴをあとで外すようなことを平気でするんだから、底意地が悪いことおびただしい。
だが友だちを言っていたが、ホリエモンもこれで終わるようなタマじゃないから、きっとまた出て来て世間を騒がすんだろう。その際は仏業でもはじめて心を入れ替えていると良いんだがね。
この人の何が厭だったのか考えてみたんだが・・・直接じゃないが、一所懸命やってきた人の仕事を侮辱するように見えるところが、快く思えなかったんだろう。
個人的に言えばアートの世界なんて、あんまりお金にはならないし、世間ってやつは売れてないと鼻もひっかけてくれない。まあ、アートはそういうもんだという覚悟はあるから、こちらもそれについてあれこれ言わないが、作品の内容も見ないで、数字だけで芸術の価値を判断するような・・・多分、この人に会ったら、そんな態度をとられそうなのが不愉快だったんだと思う。
そのためか実際、逮捕のニュースを聞いても、あまり嬉しくない。拝金の風潮が変わったわけじゃないからね。
とはいえ、言い訳はしたくない。売れる作品、作りますので、みなさん応援してくださいね!

続・ホリエモン逮捕に思うんだが” への3件のコメント

  1. ほりえもんを久々みかける
    ワイドショーわいわいがやがやしているのだが。
    今朝方堀江氏を久々にみかけた。我が家はM町。歩道橋を出れば、K外語大学があり、手前は八百屋の軒先、住宅が並んでいる。T下さんと住宅は二件並びでとても芸能仲のいいならび。他F崎(郁恵さん)と雪見大福のKさんが住んでいる。キャスターのWさんも同じ敷地に住む。昭和44年築の県営住宅が我が家であるが、時折みえる窓からの会話は地域らしさが残っていて、副都心にはみえない。

  2. マネーの、戦場
    いやあ、まさに戯れ歌、失礼しました。

    プロの意見をネットで見ましたが、
    ライブドアの損益計算書、及び貸借対照表を
    ぢ~っと見てると、明らかに変なことが判るんだそうです。
    損益計算書に乗っている手持ちの在庫証券が
    貸借対照表には見当たらないそうで
    元来証券会社でもなんでもないIT業のLDが、
    そんな妙なものを持っていることが怪しいと。

    結局ぐるぐる回しながら、最後には投資組合へ消えていったことぐらい、
    デイトレーダーでも判らなければ、
    株などやってはいけないそうです。

    先進国はどこも、マネーの戦場で相場を張り、
    私たちの預貯金だってそこで増やしてもらっています。
    年金も、社会保険もそうでしょうか。

    額に汗して働いていれば、マネーゲームと無関係でいられるかと言えば
    そういえないのが、ツラいところですね。

    技術立国だけではどうにも行かないのが
    本当に、なんだかな~という時代です。

  3. 車輪の両軸
    飯岡京子さま
    個展、行けずに申し訳ありません、また懲りずに案内くださいませ。
    かなこさん、こんにちは。財務のことはよくはわかりませんが、マネーゲームだけで経済が成立するわけでもないと思うし、メーカーが物を作って商店が売るだけで、世の中成り立っているわけでもないと思います。いわば、車輪の両軸みたいなもんでしょうな~。
    先進国と発展途上国では、物価が10倍以上違うことはザラで、そういった意味でもお金の実体って何だろうと思いますが、ひとえにそれは国の値段だと思います。
    だから、あまりに実体とかけ離れた価格が出たバブル時代などの場合に、あのような不具合が起こったのでしょうな~。
    また、感想はあとでブログに書きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>