何度めの慈恵病院かな

今日も仕事のついでに親爺の見舞いに行く。
経過は良好で頭もしっかりしている。藤沢周平の「三屋清左衛門残日録」をしきりと愛読している。
藤沢周平は辛い時や大変な時に読むと、妙に心に沁みる作家だが、親爺もきっとそんな心境なのかな。三屋清左衛門はまさに、そんな話だしね。
胃ガンの手術と言っても、水は少量なら飲めるらしく、お茶が飲みたいというので運んでくる。ちびちび美味しそうに飲む。好物の明太子までは、少しかかるかな。でも、また親爺のメンタイを食べる顔が早く見たいものだ。
見舞いのあとは、前の会社で色見本の仕事。切り替えがちょっと手間である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>