下天のうちをくらぶれば

編集者と新しい企画の相談。天気が良いので、外に出て表参道の青山学院の校内にはじめて入る。
育ちの良さそうな若者が溢れていて、就職が決まったのか決まらないのか、幸せそうな顔をした学生が多い。外国人やハーフっぽい顔をした学生も多く、さすが青学かな。構内に賛美歌が流れていて、実に品が良い。
まあ、キミたち。これからが人生たいへんだぜ、なんて思ったりして。
私も26歳まで学生をしていて、生活の苦労を経験したことがなかったので、人生このままで何とか行く・・・なんて思っていたものだが、楽に生きる方法なんてないもんだと思うこの頃だ。
先週、柔術部時代のプチOB会があってから、今週は妙にそんなことを思ったりする。
さあ! 作品を作らないとね。

下天のうちをくらぶれば” への2件のコメント

  1. Unknown
    らいばーさん、おはようございます!

    こんな昔の記事に注目していただき、ありがとうございます!
    またお越しのほどを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>