中里研・朝倉めぐみ展~ぶらり鎌倉スケッチ散歩


昨日は鎌倉、夢松洞(ゆめまつどう)で行われた中里研・朝倉めぐみ展
大学時代の友人と待ち合わせて行きました。

個展・・・というか二人展ということもあって、
作品はすべてオリジナル未発表のものばかり。
版画と金属による立体作品ということもあって、
テイストの違うふたりですが、
そこは夫婦仲良く、違和感なく作品が並んでおりました。

展覧会までが大変だったという2人ですが、
そこはその苦労を感じさせない、肩の力がおりたホッとするような作品ばかりでした。
この辺りは経験と、今までの努力の積み重ねを感じますね。
見ると幸福感に満たされる展覧会です。
まだの方はぜひご覧くださいませ。

展覧会後は鎌倉を散策。
鎌倉は正直言って、高いばかりで大した店がないので、
私は横浜に出て食事をしたかったのですが、
比較的涼しい天気ということで、みな鎌倉散歩を希望。

手頃な店で腹ごしらえをしてから鎌倉散策としゃれ込みました。
折れた後の大銀杏を見に鶴岡八幡宮に寄り、
荏柄天神社、鎌倉宮、瑞泉寺というコースを散策。
総計1万4000歩は、なかなか良い散策かな。

鎌倉は拙著ぶらり鎌倉スケッチ散歩で取材をしたこともあり、
をじさんは張り切ってガイド。
ひとり、高校生になる娘さんも一緒に来ていたこともあって、
能書きとオヤジぎゃぐを、ひっしにガマンしましたが、
それでも体の内からほとばしるものは抑えきれません。
何だか「ゲゲゲ」のイトツ状態です。
それでもその娘さん、イヤがりもせず(?)ついて来てくれました。
まあ有難いですなあ。

そんなわけで、人生も何だか捨てたもんじゃない・・・と感じた1日でした。
写真は展覧会の様子です。

中里研・朝倉めぐみ展~ぶらり鎌倉スケッチ散歩” への2件のコメント

  1. ありがとう!
    昨日はみなさま,遠い鎌倉までいらしてくださって
    ありがとうございました。

    一緒に油絵を描いていた旧友たちに、作品をみてもらうのは
    うれしいような恥ずかしいような。。。。

    遠くて申し訳なかった,と思いつつ、
    やはりみていただくことはなにより励みになるものです。
    本当に持つべきものは友! ですね。

    できれば、わたしも小暮ガイドのもと、鎌倉散策を楽しみたかった。
    いつか、よろしくお願いいたします。

    とりあえず、展覧会が終わったら打ち上げか!
    小暮さん! 飲もうよね!
    いつもありがとう!!

  2. 終わったら一杯やりましょう
    めぐみさん、おはようございます!

    ご本人、直々の登場とは恐縮です。
    出版と展覧会が重なるなんて、
    まさに盆と正月が一緒に来たようですが、
    (今どき、そんなこと言いませんが)
    そこまでの経緯はさぞ大変だったことでしょう。

    ともかくも作品が売れていたのが、
    結果残してなんぼの世界ですから、
    何よりですね。

    終わったら、時間作って一杯やりましょう。
    残り2日ですが、暑さに負けず気張ってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>